車のお役立ち情報

輸入車で維持費が安いのはどの車?

あなたは「輸入車=高い」というイメージはないですか?

外車に憧れはするけど、値段が高いのではないかと思い
ディーラーに足を運ぶことすらしていない人も多いかもしれません。

輸入車の維持費が高いとか壊れやすいというのは
もはや、昔の話なのです。

今では、国産車と同じ値段で
新車が販売されています。

おすすめの安い輸入車を紹介していきます。

フォルクスワーゲン・UP!


引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/

フォルクスワーゲン・UP!は、ドイツの車で
軽自動車より少し大きくした車です。

輸入車の入門用モデルと言っても良いくらいで
新車価格は「149万円~219万円」で販売されています。

私は最近試乗をしていますが
その走りは、1000ccらしい加速です。

自分でも操作ができる変速システムですが
オートにしていても変速ショックはあります。

まるでマニュアル車に乗っているみたいで
最初は変速ショックが気になりますが
慣れれば全く問題はありません。

そして、後部座席のサイドドアは「はめ殺し窓」で
窓は一部のみロックを解除して空けることが出来ます。

後部座席はパワーウインドウではありません。

ただ、全体的にボディサイズは小さく軽自動車から乗り換えても
全く違和感を感じないほどです。

自動車税は1000ccなので「29,500円」です。

UP!のスペック

販売期間 2011年 -(欧州)
2012年10月 -(日本)
デザイン ワルテル・デ・シルヴァ
乗車定員 4人
ボディタイプ 3 / 5ドアハッチバック
エンジン 1.0L 直列3気筒
駆動方式 FF
最高出力 44 – 55kW(60 – 75ps)/6,200rpm
最大トルク 90 – 95Nm(9.2 – 9.7kgm)/4,300rpm
変速機 5速セミAT(ASG)
5速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット
(スタビライザー付)
後:トーションビーム
全長 3,540 – 3,545mm
全幅 1,641 – 1,650mm
全高 1,489 – 1,495mm
ホイールベース 2,420mm
車両重量 923 – 940kg
最小回転半径 4.6m
新車価格 149万円~219万円

フォルクスワーゲン・ポロ


引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/

フォルクスワーゲン・ポロは1000ccの車で
自動車税は比較的安い車です。

加速力はコンパクトカーにしては良い方で
カーブなども遠心力をあまり感じません。

ワンクラス上の走りができるので
自分の運転がうまくなったかのような錯覚をしてしまいます。

ポロはターボ車ですがカタログ燃費は「19.1km/L」ですが
燃費はそれほど悪くはないですよ。

変速機は「DSG」ですが、故障はありません。

そして、ボディサイズは現行型になってから
一回り大きくなって3ナンバーになっています。

勘違いしてはいけないのが「3ナンバーは高くない」ということです。

ボディが5ナンバーサイズを超えたりエンジンが
2000ccを超えた場合は3ナンバーとなります。

ポロのスペック

販売期間 2018年3月 – (日本)
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
最高出力 70kw(95PS)/5500rpm
最高トルク 175n・m(17.9kg.m)3500rpm
駆動方式 FF
変速機 7速DCT(DSG)
サスペンション 前:マクファーソンストラット(スタビライザー付)
後:トレーリングアーム
全長 4,060mm
全幅 1,750mm
全高 1,450mm
ホイールベース 2,550mm
車両重量 1,160kg
データモデル 999cc TSI Trandline/Comfortline/Highline
新車価格 209万円~348万円

アウディ:A1


引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/

ポロと同様に「3気筒エンジン」ですが
その走りは、快適そのものと言えます。

データだけでは「たった95PSかよ、オッソ・・・」と
そのように考えたなら、それは大きな間違いです。

なぜなら、車とはトルクと馬力があってこそ
発進と加速がスムーズに行えるのです。

そして、維持費の方ですが、A1は1000ccなので
「29500円」の自動車税になります。

A1のスペック

販売期間 2015年6月 – (日本)
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
最高出力 70kw(95PS)/5500rpm
最高トルク 160n・m(16.3kg.m)3500rpm
駆動方式 FF
変速機 7AT
サスペンション 前:ストラット式
後:トーションビーム式
全長 3,985mm
全幅 1,740mm
全高 1,425mm
ホイールベース 2,465mm
車両重量 1,160kg
データモデル 999cc TFSI・TFSIスポーツ
新車価格 249万円~265万円

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

輸入車って壊れやすいって本当?

輸入車は一昔前ほど壊れにくくなりましたが
日本車のように走行距離10万キロまでオイル交換をしないなら
故障してしまう可能性はあります。

日本車もノーメンテというわけには行きませんが
輸入車は日本車以上に気を配らないといけないのです。

「でも、輸入車って部品の耐久性は変わらないでしょ?」

まさか、今の時代にそのように思う時代錯誤な人はいないと思いますが
輸入車も進化しているのです。

たとえば、ターボチャージャーなど
フォルクスワーゲンの場合は日本の企業「IHI」の製品が使われています。

もし、当記事が信じられないと言うなら新車を今すぐに買って
フォルクスワーゲン・ゴルフを分解してみてください。

他にも日本製が多く使われているのです。

輸入車の部品は日本にはないの?


引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/

ドイツ車の多くは日本に在庫を抱えています。

フランス車も日本に倉庫を持ち故障ワーストランキングというものを
ディーラーごとに持っているとプジョーの営業マンから聞きました。

もし、日本に在庫がないという場合でも
プジョーの場合はフランスから部品を3日で
日本に到着させるようですね。

部品代はそれぞれによって違いますが日本に在庫がある場合は
日本車と変わらない値段で修理できることもあるそうです。

まとめ

フォルクスワーゲンで新車を買った場合は
「オーナーズクリニック」というイベントが定期的に開催されています。

私も新車を買ったときに、「オーナーズクリニック」という
イベントに参加し輸入車のことを理解する努力をしました。

ただ、国産と違いワイパーとし時期のレバーが逆なので
最初は戸惑うかもしれませんね。

輸入車は思っているほど高くないですし
維持費も国産と余り変わりません。

輸入車を所有してみたいと言うなら
今回紹介した車を検討してみると良いでしょう。