カー用品

車止め置くだけでおしゃれなおすすめは?

家の駐車場におしゃれな車止めを置くことで
華やかに見えるようになります。

オシャレな車止めには、どんなものがあるのかを
紹介していきます。

また、車止めを設置するときのポイントなども
あわせて紹介をしていきます。

ドライブレコーダーのおすすめ3選!ドライブレコーダーがあれば交通事故や煽り運転の証拠になります。 たとえば、後方から追突してきた車の運転手が過失相殺を目的に 言い...
空気圧センサーの魅力!おすすめの商品は?私は定期的にタイヤの空気圧をチェックしていますが エアバルブキャップをいちいち外したりつけたりして 空気圧チェックも大変だと感じてい...
煽り運転の対策グッズはある?オススメは?あおり運転に対するグッズも最近は増えてきました。 このページでは、煽り運転の対策グッズを紹介するとともに 対策法を紹介していきま...

車止めを最適な位置に設置するための寸法とは?

車止めを最適な位置に設置するのは
車種によってことなります。

・軽自動車:60cm

・普通乗用車:70cm

車種にもよりますが、一般的には以上のような感じになります。

車止めの寸法は、車種によっても変わりますが
横幅が60cmのものを目安に選ぶと良いですね。

楽天などで車止めを見ていると
2本セットで販売されている場合があります。

ですが、駐車スペースによっては
1本だけで販売されているタイプを選んでも良いですね。

車止め後方の壁面との距離は軽自動車と
乗用車とでは異なります。

・軽自動車:壁面から30~50cm

・普通乗用車:100~120cm程度

車止めを設置する場合のポイント


引用:https://www.amazon.co.jp/

車止めには「置くだけ」と「アンカーボルトで固定」の
2種類のタイプがあります。

車止めで置くだけのタイプは、少しズレやすいです。

なので、ブロック用のボンドで接着をして
固定するしかありません。

奥だけの車止めでも、万が一のことを考えて
しっかりと接着剤で固定しておくことをおすすめします。

余り家の壁際に車止めを設置すると
車から出る排気ガスによって
壁が汚れる可能性があるので要注意です。

カーストッパー:フルート


引用:https://www.amazon.co.jp/

アルミのパイプみたいなデザインですが
カーストッパー接地スペースにドリルで穴をあけて
取り付けをするタイプです。

ガッチリと固定されるので車止めがズレる心配がありません。

見た目はとてもオシャレですが
設置に手間がかかるのが欠点ですね。

11種類の豊富なカラーから選べるので
自宅の駐車場にあった色を選ぶと良いかもしれません。

素材は、アルミなので割れるという心配はありません。

・11色から色を選ぶことが可能

・しっかりと固定される

・アルミなので割れる心配が無い

・ガッチリ固定されるのでストッパーがズレない

・見た目がおしゃれ

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

カーストッパー:かわいい「犬」デザイン


引用:https://www.amazon.co.jp/

普通の車止めは多いですが
犬をデザインにしたものはあまり見かけません。

こちらは、可愛らしい犬の車止めなので
ストッパーと分かっていてもタイヤで
コツンとはさせたくなくなるかもしれません。

奥だけの車止めなので、何かの拍子に
ズレる可能性もあります。

なので、車止め用の接着剤を塗って
接地するほうが良いでしょう。

・見た目が可愛い

・置くだけで簡単接地

カーストッパー:テラコッタ風


引用:https://www.amazon.co.jp/

カーストッパー:テラコッタ風は
見た目がとても可愛らしいです。

自宅の駐車場に、車止めとしてあるだけでも
華やかに見えてしまいますね。

ただ、カーストッパー:テラコッタ風は
洋風の家に似合う車止めだと感じます。

星形のくぼみにオプションの反射板を埋め込むと
車止めの位置が把握しやすいです。

また、アンカーボルトで固定するので
ズレる心配は少ないです。

・見た目がおしゃれ

・ズレない

まとめ

車止めは一般的に、軽自動車は「60cm」普通乗用車は「70cm」です。

車止めにもいろいろな種類がありますが、
基本的には、アンカーボルトで固定するタイプが良いですね。

理由は、しっかりと固定できるし、ズレる心配が無いからです。

また、置くだけの車止めでも
接着剤などで固定するほうが良いですね。

何度も駐車していると
車止めが動く可能性もありますからね。