カー用品

車のテレビを電波良くする方法ってあるの?

最近は安くなったナビゲータが販売されていますが、多くのナビゲータはナビだけではなく、テレビも見ることができるのです。

テレビも見ることができるタイプは、子供が車に乗るときや長距離ドライブの時に、テレビが付いていると退屈しのぎになるので疲れにくくなります。

ですが、テレビの受信状況側悪くなることも、たまにありますが電波状況が悪いときにすると良い方法を紹介していきます。

新しくアンテナを取り付ける方法


引用:https://item.rakuten.co.jp/

最近の車に取り付けるテレビも性能が良くなり、電波が悪くて見れないということはほぼなくなりました。

それでも電波の状況が悪くなることもあります。

電波を良くするには高感度のワンセグアンテナを後付することで、車のテレビの感度を良くすることができます。

後付のアンテナにはブースターが内蔵されているタイプもあるので、高感度のワンセグアンテナを取り付けると改善されます。

アンテナを取り付けるる方法で、もう一つ良い方法があります。

それはブースター付きで、地デジワンセグ用フィルムアンテナを使うという方法です。

ブースターが付いているため、ナビ付きのテレビの感度は良くなるのです。

さらに、感度を良くするにはフィルムアンテナを貼り付ける場所を、車内の窓の上部分に付ければ電波を受信しやすいです。

銅箔テープで車のテレビの電波を良くする方法


引用:https://item.rakuten.co.jp/

アンテナにアルミホイルを貼れば電波の受信が、よくなるという話を聞いたことがあります。

嘘か本当かはわかりませんが、試して見る価値は充分にあります。

よく考えてみればアルミホイルよりも、動のほうが効果があるような感じがします。

銅板を使えば電波が良くなるかどうかをチェックし、フロントガラスにワンセグフィルムアンテナあるので、視界の妨げにならないように細心の注意をはらい、補足した同板を両面テープで貼っていきます。

銅板はフィルムアンテナと重なるように、貼り付けるのがポイントです。

ネットの情報で実際にやってみた人もいるようですが、その方はうまくいったようです。

これまでよりも電波の受信が良くなり、テレビが映らなくなる頻度は減るようでうすね。

フルセグに乗り換える、でも注意点があるよ!


引用:https://item.rakuten.co.jp/

フルセグチューナーを取り付ければ、テレビもちゃんと映るようになり電波の受信も改善されると、そのように考える人もいるかも知れません。

フルセグチューナーを買う場合に注意すべき点は、有名メーカーを探し出し選ぶことではありません。

何もわからない場合は、とりあえず有名なメーカーなら安心できると、そのように思ってしまいがちです。

フルセグチューナーを探す時に注意すべき点は、チューナーとアンテナの数に中止すべきだといえます。


引用:https://item.rakuten.co.jp/

これには「2×2」「4×4」という表示がされていて、「2×2」なら表示通り2チューナー2アンテナが内蔵されているのか、それとも表示通りではないのかが重要です。

感度の良いのはチューナーが多く内蔵されていて、値段も高いものが多いです。

なぜ、このような差があるのかと言えば、車は常に動きながら電波を受信しているので、電波を拾いにくい状態なのです。

だから、できるだけ多くの電波を受信するために、複数のアンテナやチューナーが必要となるのです。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

車の電波が良くない理由


引用:https://item.rakuten.co.jp/

車の電波が良くな理由は妨害電波が、発生しているのが原因かもしれません

感度がいきなり悪くなったり電波受信が悪いと、妨害電波や誰かに妨害されているのかなど、色々なことを考えてしまい不安になってしまいます。

しかし、実際はそうではなくて車内に妨害電波になるようなものが、設置されていることが主な原因となっています。

たとえば、ETCの配線も妨害電波になることもありますし、レーダー探知機も妨害電波になることもあるのです。

つまり、多数の機器を取り付けている場合は、GPSの配線が相互干渉となって感度を悪くしている原因になっていることもあるということです。

まとめ


引用:https://item.rakuten.co.jp/

ワンセグとフルセグの違いというのは、セグメントの多さにより異なります。

セグメントとは領域という意味でもあって、ワンセグは1つのセグメントでフルセグというのは、12個のセグメントを使用しています。

なので、それだけ受信できる容量が、大きくなるというわけです。

フルセグのメリットは受信できる容量が大きいので、画像のデータ量を多く取得することができます。

なので、ワンセグよりもきれいな画質で、フルセグは見ることができるのです。

フルセグのデメリットは、建物などの影響を受けやすいのです。

改善としてフルセグとワンセグを切り替える機能が、備わっているナビもあるそうです。

実際に見ただけではわからないので、フルセグとワンセグが切り替えできるかを、大手カー用品店で店の人に聞くのが一番だと言えますね。

車のテレビの感度を良くするには、アンテナの増強かアンテナ配線にブースターを入れるしか方法はありません。

稀にアンテナの配線をカーステレオの裏で、さし忘れているかもしれないので感度が悪い場合は一番に確認したほうが良いかもしれません。

ディーラーや大手カー用品店で取り付けてもらった場合は、今回紹介した方法を試してみましょう。