カー用品

車で音楽を聴く方法!簡単で音質の良いやり方まとめ

あなたは車で音楽を聴くことは多いですか?

今主流となっているのはスマホの音楽を
車のスピーカーを通じて聴くという方法があります。

このページでは、車の中で音楽を聴く最適な方法を
紹介していくことにしますね。

車で音楽を聞く方法

車で音楽を聴くという方法は
昔のから色んな方法が使われていました。

私の知る限りでは車の中で、カセットテープを聴くという
そういう風景も珍しくなかったように感じます。

今ではスマホを使って車で音楽を聴くやり方が
主流になってきました。

スマホで聴くというやり方でも、以下の4つの方法があります。

・ブルートゥースで聴く

・USBケーブルを繋いで聴く

・音声入力(AUX)で聴く

・FMトランスミッターで聴く

以上の車で音楽を聴く方法にあるメリットやデメリットを
紹介していくことにします。

ブルートゥースを使い車で聴く

ブルートゥースは対応のカーナビやカーステレオなら
車の中で音楽を聴くことが可能です。

ブルートゥースで、聞くメリットは以下のとおりです。

・場合によっては余計な機器を買わなくてすむ

・配線がじゃまにならなくて良い

・ペアリングを済ませておけば自動で音楽を聴くことができる

ブルートゥース対応のカーステレオなどやカーナビが
最初から装備されていれば、余計な出費は免れます。

しかし、対応品がない場合は、買い換えるしか方法はありません。

そして、ブルートゥースというのは電波を飛ばして
音楽を聴くという方法なので、カーステレオ周辺に
配線をめぐらせなくても良くなります。

良い音楽を聴く時に配線が気になっては
元も子もありませんからブルートゥースはメリットが大きいです。

ブルートゥースで使用するには、カーステレオや
カーナビとペアリングをする必要があります。

ペアリングをしないと音楽を聴くことができません。

ブルートゥースで聞くデメリットは以下のとおりです。

・ブルートゥース対応のカーステレオじゃない場合は使えない

・対応品を買う場合は取り付けが手間

・ペアリングは意外に時間がかかる

ブルートゥース対応のカーステレオじゃない場合は
使用ができません。

さらに、対応品を自分で取り付ける場合は
取り付けが楽しいなら特に問題はないですが
それほど楽しいと感じない人にとっては手間だと言えます。

大手カー用品店で取り付けることになれば
それなりに出費が増えそうですね。

ブルートゥース機能を使い音楽を聴くなら
ペアリング設定をする必要があります。

基本的にはそれほど難しい作業ではないですが
場合によっては設定に手間取るかもしれません。

USBケーブルを繋いで聴く

最新のカーナビやカーステレオの多くは
USB端子を取り付けてスマホで音楽を聴くことができます。

iPhoneなら家庭で使用するためのUSBケーブルは
契約時に一緒にもらっていると思うので
それを使うことで音楽を聴くことができます。

USBケーブルを繋いで、音楽を聴くメリットは以下のとおりです。

・有線と無線のどちらが高い音質なのか比較できる

・高音質で音楽を楽しめる

・音楽を聞きながら充電が可能

USBケーブルをつなぐことで有線と無線の音質は
どちらが良いのかを比較することができます。

比較することでどちらの方法が良いのかを
決めることができます。

結果的に、有線のほうが音質は高い傾向にあります。

優先の場合は音楽を聞きながら
充電ができるというメリットがあります。

無線ではないメリットと言えますね。

USBケーブルを繋いで聴く場合の、デメリットは以下の通りとなります。

・USB端子のないカーステレオやカーナビでは音楽を聴けない

・ケーブルをつなぐ配線がじゃまに感じることもある

カーステレオやカーナビにUSB端子がついていない場合は
ケーブルを繋いで音楽を聴くことができません。

もし、音楽を聞きたいという場合はUSB端子が取り付けられている
カーステレオなどに買い換える必要があります。

USBケーブルを端子につなぐことで
音楽は聞けますが配線が場合によっては邪魔になることもあります。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

音声入力(AUX)で聴く

カーステレオに直接スマホをつないで音楽を聴く方法ですが
AUXケーブルの値段はピンきりですが、1000円くらいのものがあり
音楽を聴くだけなら安い値段でも充分だといえます。

音声入力(AUX)で聴く場合のメリットは、以下の通りとなります。

・AUX端子が付いているカーステレオなら接続可能

・簡単に接続が可能

AUXケーブルがあればカーステレオやカーナビのAUX端子に
接続接続をすることで音楽を聴くことができます。

しかも、簡単に接続ができるのです。

音声入力(AUX)で聴く場合のデメリットは以下のとおりです。

・AUX端子がカーステレオやカーナビに付いていないと音楽は聴けない

・最新のスマホにはイヤホンジャックが付いていない

・ケーブルがじゃまに感じる

AUX端子がカーステレオやカーナビにないと
もちろんですが音楽を聴くことができません。

どうしても音楽を聞きたい場合はAUX端子が付いているカーステレオに
交換をするか冒頭で説明した方法を行うしか無いでしょう。

また、最新のスマホにはイヤホンジャックが付いていない場合があり
この方法では音楽を聴くことができない場合もあります。

USBケーブルと同じようにケーブルが邪魔に感じることもあります。

FMトランスミッターで聴く方法


引用:https://item.rakuten.co.jp/

FMトランスミッターでも、音楽を聴くことができます。

この場合はレンタカーなどや車を買い替えた場合でも
すぐに利用できるのが最大のメリットと言えます。

FMトランスミッターの場合はFMラジオの電波を利用して
車のスピーカーから音楽を流すという方法です。

FMトランスミッターで音楽を聴く場合の、メリットは以下のとおりです。

・カーステレオやカーナビがなくても音楽を聴ける

・シガーソケットがある車なら使用可能

・FMトランスミッターは車を選ばずに音楽を聴くことが可能

レンタカーを借りるとカーステレオが
付いていないことが多いです。

そういう場合もFMトランスミッターならシガーソケットに差し込むだけで
音楽を聴くことができます。


引用:https://item.rakuten.co.jp/

FMトランスミッターだけあれば車は選ばないので
車を乗り換えても直ぐに使用ができます。

接続方法はとても簡単でFMラジオの周波数を合わせるだけで
スマホの音楽を聴くことができるのです。

FMトランスミッターで音楽を聴く場合の、デメリットは以下のとおりです。

・音質はラジオ放送と同じ

・混戦している場合はノイズが入ったりラジオ放送がたまに入る

・県をまたぐと周波数を変える必要がある

音質はラジオ放送を同じような感じで
音質に拘る場合はおすすめはできません。

場合によっては混戦したりノイズが入ったりして
聞き取りにくいこともあります。

県をまたぐ場合は、周波数の設定をし直す必要もあります。

まとめ

車の中で一番音質が良いやり方はAUXケーブルを使い
車の中で音楽を聴くという方法が最もおすすめの方法です。

たしかに、ブルートゥースは配線が不要なので
配線はじゃまにならないというメリットがあります。

しかし、ペアリングのやり方が難しく感じるなら
AUXケーブルをつないでスマホで音楽を聴くのが一番だと言えます。

しかし、どのような方法が最適なのかは求めている音質によっても
全く違いが出てきますしやり方も違ってきます。

どういう環境で聴くのかやどういうこだわりがあるのかによっても
最適なやり方は変化するでしょう。