日産

セレナは何人乗り?子供も安心して乗れる?

セレナはファミリー層にとても人気のあるミニバンですが
一体何人乗りなのかもかなり気になるところではないでしょうか。

セレナはいろいろな目的で使用できて
ユーザーの用途に合わせ8人乗りと7人乗りが用意されています。

ですが、セレナの場合は用途が変更しても7人乗りと8人乗りが
自由にアレンジできてしまいます。

セレナは何人乗り7日を改めて紹介し
子供は安心して乗ることが出来るのかなども紹介していきます。

セレナは何人乗り?


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

セレナは基本的に7人乗りですが、シートアレンジにより
8人乗りにすることが可能となります。

7人乗りを選ぶ場合は2列目は2人しか乗れませんが
肘掛けがあるのでリラックスした状態で座ることができます。

8人乗りにしたい場合は運転席と助手席の間にある
「スマートマルチセンターシート」を2列目までスライドさせれば
2列目は3人座ることができます。

3列目も3人座れるので8人乗りにすることが出来るのです。

2列目に「スマートマルチセンターシート」を移動させれば
キャプテンシートになり7人乗りになります。

更に倒した腰掛けを起こせば
8人乗りのセレナになるというわけです。

「スマートマルチセンターシート」前席にスライドさせれば
前席の肘掛けとなります。

この場合は2列めに隙間ができるので
ウォークスルーとなり2列目と3列目が自由に移動できるようになります。


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

実は、セレナは「スマートマルチセンターシート」を1列目に移動させることで
8人乗りから7人乗りにすると言うだけではありません。

実は2列め中央似できた空間を
左スライドドア側に移動させることもできます。

8人乗りにすれば大人数で乗ることが出来るので
大勢で出かけるという場合はかなりありがたい装備となります。

セレナを8人乗りにしたときのデメリットは
窮屈になるということにあります。

子供がたくさん乗り込むという場合は
特に問題はないでしょうけど
大人が8人乗車するという場合はギュウギュウ詰めになりますよ。

セレナは子供も安心して乗れるのか?


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

セレナは子供も安心して、乗ることが出来る車です。

セレナはそれほど車高が高くないので
子供も足をつまづくという心配もありません。

また、ウォークスルーモードにすることで
助手席から後部座席に移動することも出来るので
緊急時でも子供の座っている場所に急いでいくことができます。

セレナのシート配置はここが違う!


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

セレナは超ロングスライド機能がついているので
自由にシートをスライドさせることができます。

セレナの2列目のシートは、最大約690mmスライドさせることができます。

更に、セレナの2列目シート左側は、前後だけではなくて
横にも「17cm」スライドさせることが出来るのです。

2列めシートを左側を右に寄せると左スライドドアから
3列目シートの乗り降り出来るスペースが広がります。

2列めも出入りしやすいですが
3列目も出入りがとてもやりやすくなります。


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

セレナでキャンプをするという場合も車の前にテントを張り
2列目3列目もテントの一部みたいに使うことが出来るのです。

2列目シート右側のスライドドアから
ベビーカーをたたまずに乗せることができます。

助手席を倒し前にスライドして2列目の左側の座席を
前にスライドさせれば、後部座席の子供も運転席の間近で見ることができます。

セレナは3列目を跳ね上げれば、自転車を積み込むことができます。

子供がいるときに選ぶべき車とは?


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

子供が4歳や5歳の場合は、意味もなくドアを開けてしまうことがあります。

小さな子供がいる場合は
スライドドアの車を選ぶべきです。

もし、通常の開いて開けるドアの場合は
勢いよくドアを開けて隣の車にドアを当ててしまうかもしれません。

しかし、隣の車との感覚が狭くてもスライドドアの場合は
隣の車を気にする必要もなく開けることが出来るのです。


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

セレナはスライドドアなのでスーパーの駐車場でも
隣の車のことは考えなくても良いのです。

また、セレナの場合は寝ている子供を抱いたままや
両手に荷物を持っていても足でドアの下に足を入れればドアは自動で開きます。

もちろん、インテリジェントキーをバッグかポケットに入れていないと
スライドドアは開きませんので要注意です。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

まとめ


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

小さな子供がいるという場合は
スライドドアの車を選んだほうが良いでしょう。

通常のひらくドアだとこどもが不用意にドアを勢いよく開け
隣の車にぶつけてしまう可能性もあります。

なので、スライドドアを買っておけば
小さな子供がドアを勢いよく開ける心配はありません。

スライドドアにメリットは隣に車がいても安心できるということです。

また、乗車した後もウォークスルーモードで
助手席側と2列目シートの行き来が自由になります。

他にもシートアレンジ次第で2列目にいる子供を
運転席に一番近い位置にすることもできます。


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

意外に、セレナという車は子供のための装備というのが少なく
視点としては親が運転中や助手席でいた場合に
どうやれば子供を見ることが出来るかを考えた車だと言えます。

たとえば、ダイハツ・トールの場合は子供が乗り込みやすいように
アシストグリップを大きくして子供用と大人用を分けて作っていたりします。

さらに、トールの場合はこどもが乗りやすいように
車の床面の高さも考慮して子供に合わせた作りになっています。

しかし、セレナの場合は親の目線で開発をしているので
シートアレンジによって子供が座っている座席を近づけたり出来るのです。

つまり、セレナは8人乗りにも出来るし7人乗りでも可能なミニバンで
子供を安全にみることができるので親側としては安心できる車だと言えます。