日産

デイズの新型!発売日はいつ?スペックは?

日産デイズがフルモデルチェンジされますが
2019年3月に販売が決定されています。

公式サイトでもどういうデザインになっているのかも
確認が可能となっています。

日産デイズがいつ販売なのかやエンジンスペックはどうなのかなどを紹介していきます。

デイズの新型はいつ販売?


引用:https://www.nissan.co.jp/SP/DAYZ/NEW/

日産デイズはトールワゴンで
斬新なデザインが特徴となります。

ただ、日産を評価できるのは他の軽自動車がやっていないことを
積極的に挑戦していくということです。

斬新な機能が搭載されるたびに、我々ユーザーが物珍しさに
デイズに興味がわいてしまいますよ。

そんなデイズがモデルチェンジをして
販売される日というのは2019年3月28日です。

え、またあの日産がやらしちゃったの!?


引用:https://www.nissan.co.jp/SP/DAYZ/NEW/

あの日産が今回もやらかしてくれました。

とんでもないことに、軽自動車に「プロパイロット」を
搭載してしまったのです。

軽自動車では本当に初の装備で、約0~100km/hの範囲で
走行時の車間距離やハンドル操作の制御などをしてくれます。

つまり、アクセルやブレーキなどをアシストしてくれた上に
ハンドル操作までアシストしてくれるということです。

セレナに搭載されるプロパイロットは
渋滞時でも停止3秒以内なら自動発進します。

さらに、車線中央を維持してくれるという
まさに自動運転のような感じにさせてくれます。

デイスにもそういう、プロパイロットシステムが搭載されます。

ただ、完全な自動運転ではないので、あくまで運転支援システムだと捉えてほしいです。

仮にデイズでプロパイロットシステムを使用するにしても
危険を感じる前に自分でブレーキを踏んだりハンドル操作をしたりしたほうが良いですね。

しかし、公式サイトでデイズの画像のそばに
「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」と
意味ありげなグレード名がありました。

ひょっとしたら、グレードによって
プロパイロットが搭載されるのかもしれません。

新型デイズのスペック


引用:https://www.nissan.co.jp/SP/DAYZ/NEW/

新型デイズはモデルチェンジが発表され、公式ページでも外観のデザインや内装などを確認ができます。

更にプロパイロット搭載もされるという情報も、見ることが可能です。

エンジンスペックなどはまだ不明のままで
ネット上でも噂程度で「パワーアップする」という噂があります。

これは間違いなく55PSまで、パワーアップする可能性があります。

さらに、ノンターボでは非力だったトルクも、居力にパワアップされる可能性があります。

ハイブリッドが搭載されるなら、モーターのパワーが加わるので
エンジン出力を上げる必要がなく、そのままでも十分キビキビ走行ができます。

現在のデイズのエンジンスペックは以下のとおりです。

NAエンジン
最高出力 49ps/6500rpm
最大トルク 6.0kgm/5000rpm
ターボエンジン
最高出力 64ps/6000rpm
最大トルク 10.0kgm/3000rpm

デイズの室内は拡大されている?


引用:https://www.nissan.co.jp/SP/DAYZ/NEW/

デイズを一度でも運転した人なら理解できるかもしれませんが
運転席と助手席の間隔がとても狭いです。

「軽自動車ならそんなもん」

そのような意見もあるかもしれませんが、ワゴンRやN-WGNといった類似車種は
運転席と助手席の間はかなり広いです。

もっと言わせていただければ
ミライースよりもデイズのほうが狭いと感じるのです。

私は初代デイズに乗っていたことがありますが
パワーも室内もミライースよりも狭いと何度も思い
「買って損したなぁ」と思ったほどなのです。

実は、ミライースとデイズと両方所有していたことがありますが
何度も乗り比べをしましたが、パワーも室内もミライースより劣るレベルでした。

しかし、室内が狭いという意見を持つユーザーは
かなりいたと思うので、今回のフルモデルチェンジで改良されると考えられます。

ボディサイズは軽自動車規格で大きくはなりませんが
室内はドアパネルの厚みやダッシュボードの位置などで
室内は広くもなり狭くもなるのです。

デイズのライバル車の室内サイズは、以下の通りとなります。

ワゴンR ムーヴ N-WGN
室内長 2,450mm 2,080mm 2,055mm
室内幅 1,355mm 1,320mm 1,355mm
室内高 1,265mm 1,280mm 1,300mm

室内サイズは以上のとおりですが、特にデイズは後部座席の足元が
とても狭かったので改善してほしいところです。

ワゴンRの後部座席にも乗車したことがありますが
足元はゆったりと座ることができました。

気のせいというレベルじゃないですよ。

モデルチェンジで
改良されていると良いですね。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

デイズの新型まとめ


引用:https://www.nissan.co.jp/SP/DAYZ/NEW/

実はデイズのモデルチェンジは、外観と内装とプロパイロットが装着される以外は
全く公開されていないので、エンジンスペックも何もわかりません。

おそらくエンジンスペックは同じかもしれませんが
外観だけではわかりにくい、EVが登場する可能性が濃厚なのです。

ハイブリッド車はもちろんライバルに勝つために
登場する可能性は高いと言えます。

その中でも、電気自動車は登場しそうに思えます。

日産ではリーフなどがありますし、三菱にはアイミーヴなどや
アウトランダーのPHEVの技術があります。

出せるところまで技術を出し合って
電気自動車のデイズやEKワゴンが登場しそうです。

デイズやEKワゴンが三菱の、アイミーヴの後継モデルという噂もあります。

アイミーヴの航続距離は「164km」が最大でしたが
強化バッテリー搭載により280kmへ向上されるという噂もあります。

デイズEVはネット情報によると、2020年に販売されるとのことです。

どういうデイズが登場するのか、3月28日まで待ちましょう。