カー用品

車のスペアキー作成に掛かる時間や値段は?

車の鍵を無くす前に、スペアキーを作成しておこうというのは
誰もがする対策法かもしれません。

ここでは、スペアキーを作成するときの時間や
どこでスペアキーを作成すると安いのかを紹介していきます。

スペアキー作成はどこが一番安い?

車のスペアキーはキーレスエントリー車の場合は
鍵に直接リモコンが付いているタイプは軽自動車でも
ディーラーで注文すると1万円以上も料金を支払うこともあります。

まず、スペアキーはどこで作成ができるのかといえば
以下の場所で作成は可能です。

オートバックス 500円
イエローハット 500円
ホームセンター 300円~600円
鍵専門店 350円~1,000円
ディーラー 8000円/キーレス付き鍵・1万円以上

 

特殊な鍵になると、1万円は超えると判断したほうが無難でしょう。

普通の鍵の場合は、大手カー用品店でも作成は可能ですが
ホームセンターでも作成はできますよ。

最近は、大手カー用品店でも、一昔前まではレジのそばに
スペアキーのデザインを選ぶためのサンプルがありましたが
今は、余りスペアキーのデザインを選べないようですね。

基本的に、スペアキーを作成するならホームセンターのほうが安いですね。

外車の合鍵は高いって本当?

輸入車の合鍵は国産車よりも高いことが
非常に多いです。

確かに、ベンツやBMWの合鍵は高いイメージがありますが
フォルクスワーゲンの合鍵は普通のタイプで「5,000円」です。

でも、正規品の鍵ではないので
エンジン始動が困難になるケースもあります。

理由は、輸入車の場合はセキュリティが日本よりも厳重なので
鍵にも暗号のようなものがあり、車は自動でそれを認識しているそうです。

鍵に何らかの機能がついている場合は
「2万円~3万円」で注文が可能のようです。

スペアキー作成にかかる時間は?

特殊な形状をした鍵でないなら
スペアキー作成にかかる時間はだいたい「10分」です。

最近の車の鍵は「イモビライザー」など、特殊な識別番号がついた鍵もあるので
普通の鍵屋では作成ができないこともあります。

鍵屋にもよるのかもしれませんが
スペアキー作成に1時間かける店もあります。

車の鍵に何も機能がついていないなら
ホームセンターや鍵屋とか大手カー用品店で作成は可能です。

ですが、鍵にキーレスエントリーの機能がついていたりすると
ディーラーでスペアキーを注文するしか無いでしょう。

さらに、鍵に何らかの機能がついていた場合は
「作成をする」ではなく「注文をする」になります。

日にちとしては3日程度でディーラーに品物が届きます。

私も過去に一度MRワゴンという軽自動車の合鍵を
ディーラーで作成してもらおうと値段を聞いた事があります。

そのときに聞いたのが1万円以上だったので
キーレスエントリーの機能が鍵についていたら
軽自動車の鍵でも高いということになりますね。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

まとめ

鍵に何らかの機能がついていない限りは
ホームセンターや大手カー用品店でも作成が可能です。

従来の鍵を作成するという場合は
値段も安いのでスペアキーは万が一のことを考えて
作成をしておいても良いでしょう。

でも今どきの車は、キーレスエントリー付きの鍵も増えてきて
鍵を作成するのではなく注文をしないとスペアキーは手に入らないようです。

しかも、スペアキーを注文しても
そのまま持って変えることが出来ないのです。

なぜなら、新しく買ったキーレスエントリー付きの鍵を
車に登録をしないとキーレスの機能が使えないからです。

登録方法は、車種によってはネットでも情報を手にすることが出来ます。

輸入車の場合は、安易にスペアキーを作成して使おうとしても
エンジンが指導しないことがあるので要注意です。

輸入車の場合は、ディーラーで注文し
すべてを任せたほうが無難と言えます。