カー用品

車中泊のグッズを紹介!おすすめは?

車中泊を快適にするには、フラットにできるマットや
快適に料理ができる器具ではないでしょうか。

車中泊のグッズには色々とありますが
その中で最もおすすめする商品を
紹介していきます。

この先を読むことで、車中泊を快適にできる
商品を知ることができます。

車中泊オススメグッズ:くるマット


引用:https://www.amazon.co.jp/

車中泊で寝ようとする時に、初めての人が失敗しがちなのは
座席を倒したときに段差ができることを知らなかった時でしょう。

座席をすべて倒したときに、車によっては
完璧なフラット状態にならないことがあります。

そういうフラットにならない状態で
ムリに寝ようとすると翌朝になって
体中が痛くなってしまいます。

なので、車中泊をする前に車の座席をすべて寝かして
どういう状態になるのかを確認しましょう。

CX-5などは、後部座席を倒したときに
少し斜めになるので、そのままでは寝にくいです。

そうした時に、かなり役立つアイテムが「くるマット」です。

くるマットは、車種専用設計なので
あなたが今乗っている車に適合があるのかを
しっかりと確認して注文しないといけません。

くるマットを敷くことで、気になる段差は無くなるので
快適に寝ることができるようになります。

もし、車中泊をする前に、車の座席をすべて倒して
段差があるという場合は、くるマットを利用してみると良いでしょう。

・車種専用設計

・気になる段差が無くなる

・快適に寝ることができる

車中泊オススメグッズ②:タケルくん


引用:https://item.rakuten.co.jp/

車中泊で温かいご飯が食べたいというときに
とても役立つのが「タケルくん」です。

車のシガーライターから電源をとることができます。

無洗米と水を入れてスイッチを押すだけで
30分後には、温かいご飯が炊きあがります。

車中泊で、昼ご飯を節約しようという場合は
お米と水とタケルくんを持っていれば
食事代を節約することができますよ。

また、車中泊だけではなく防災用品としても
タケルくんは重宝されています。

自然保温で1時間もご飯をタケルくん内で放置していても
暖かいご飯を食べることが可能ですよ。

本体はコンパクトなので
狭い車の中でも場所をとることはありません。

たとえば、車中泊グッズで散らかっている車内でも
タケルくんはダッシュボードの上に置くこともできるほど
小さな本体なのです。

・食事代を節約できる

・本体が小さいので場所をとらない

・シガーライターから電源が取れる

・30分でご飯が炊ける

車中泊オススメグッズ:suaoki ソーラー ランタン


引用:https://www.amazon.co.jp/

車中泊では、トイレなどに行くときは
街灯があるとは限らないので
ランタンなどが必要です。

確かに、懐中電灯でも良いかもしれません。

しかし、明るすぎると周囲で車中泊をしている人にも
光によって迷惑につながります。

なので、出来る限り夜中のライトは
激しく光るものは避けなくてはいけません。

ソーラーランタンは、それほど強い光を出さないので
周囲に迷惑はかかりません。

また、suaoki ソーラー ランタンは
太陽の光で充電をするタイプです。

なので、電池は不要ですよ。

開くとLEDランタンになりますし
小さく折りたたむと懐中電灯にもなります。

必要な時にサッと開き使うことができるので
大変便利だと感じます。

・コンパクトに折りたためる

・太陽光からも電力を補充できる

・折りたたむと懐中電灯になる

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

まとめ

車の座席を倒したときに段差ができると、眠ることができないし
ムリに寝ると体中が痛くて仕方ありません。

車の段差や斜めになっている状態を解消するには
「くるマット」が最も最適です。

なぜなら、「くるマット」を使うと段差が無くなり
平らな状態になるからです。

さらに、車中泊をする時に食事代を節約したいなら
タケルくんでご飯を炊けば、それだけ安く費用を抑えることが可能です。

車中泊をしながら旅行に出かけるというなら
タケルくんは必須アイテムとなりますよ。

→車中泊する前に買って置きたいグッズはこちら!