車のお役立ち情報

レンタカー!初心者が借りる時の注意点は?

必要なときに借りれるのがレンタカーの強みですが
これまでレンタカーを利用したことがない人にとっては
初心者でも借りれるのかどうかではないでしょうか。

初心者でもレンタカーは借りれるのかや
はじめての人が抑えておくべきポイントを紹介していきます。

初心者でもレンタカーは借りれる?

まず、初心者でもレンタカーを借りることが出来るかどうかですが
結論から言えば、免許取り立ての人でも借りることは可能です。

しかも、初心者だからといって断るレンタカー会社は
殆どないと言っても良いでしょう。

しかし、借りるレンタカー会社によるかもしれませんが
場合によっては運転経験が浅い人や年令によっては制限されていることもあるのです。

たとえば、免許証を取得して1年未満の場合は
免許取得して3年の運転手が同乗しないと
レンタカーを借りることが出来ないレンタカー会社もあります。

さらに、未成年者の運転手には車を
貸し出すことが出来ないという会社もあるのです。

さすがに、運転経験が浅い初心者に車を買うというのはリスクがあるので
レンタカー会社も身構えてしまうのかもしれません。

レンタカーを借りるときは運転する人の免許証が必要ですが
車を借りてからコッソリと運転を代わるというのはルール違反です。

レンタカーを借りるときは誰の名義で借りるにしても
運転する予定のある人の免許証は提示しないといけません。

初心者が抑えておくべき基本

レンタカーを借りる場合の料金は
車の大きさや排気量で変わってきます。

レンタカー会社 1日レンタルの料金
ガッツレンタカー 2,000円
オリックスレンタカー 6,480円
トヨタレンタリース 7,020円
タイムズカーレンタル 6,480円
日産レンタカー 7,560円
ニッポンレンタカー 7,344円
ニコニコレンタカー 4,100円

さらに、レンタカーを借りるときにオプションとしてナビを付ける場合は
レンタル料に追加料金として加わります。

もちろんですが、チャイルドシートもオプションとなります。

レンタカー会社によってもホームページから
会員登録をするとレンタカーの予約が自宅でできるようになります。

車を返却するときは必ずガソリンを満タンにして
返すようにしましょう。

レンタカー会社によってはガソリンスタンドのレシートを
提示しないといけない場合もあります。

また、給油しないで返却をしてしまうと
走行距離から燃料代を精算され実際のガソリン代よりも
高い金額を請求されることもあるので注意してください。

レンタカーを借りるときの注意点

レンタカーは決められた時間内に返却しないと
延長料金を支払うことになります。

なので、返却には余裕を持ち時間を守って
返却できるようにしておきましょう。

さらに、料金表をしっかりと確認しておきましょう。

レンタカーを借りるときは、現住所を確認できる書類と
免許証が必要になります。

必ず車を借りる前に準備をしておきましょう。

現住所を確認できる書類は、固定電話の領収書とか社会保険料の昇竜書とか
ほかには納税証明書などや住民票などでも借りることが出来ます。

どうして、レンタカーを借りるのに運転免許証や
現住所を確認できる書類が必要なのかと言えば
運転免許証のない人に車を貸すのは問題がありますよね。

現住所を知る書類が必要なのは
運転免許証の住所と違いはないかを確認するために必要なのです。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

まとめ

レンタカーは基本的に初心者でも
借りることが出来ます。

しかし、借りるレンタカー会社によっては制限があります。

初心者の方がレンタカーを借りる場合は
各レンタカー会社でどういう制限があるのかを聞いてみると良いでしょう。

大抵のレンタカー会社の車はオートマチック車なので
オートマ限定の人でも安心して借りることが出来ます。

中には格安レンタカーがあり
フランチャイズ制度を取っている店もあります。

なので、店舗によっても対応がバラバラで
良い店舗にあたれば車は古くても整備と掃除がキッチリされていることもあります。

汚い車を投げつけるように貸し出された場合は
返却時に「傷いっている」とイチャモンを付けられるので
汚い車を貸し出されたら警戒はしておいたほうが無難でしょう。