機能・オプション

車でブルートゥースを接続する後付けするやり方は?

車でもブルートゥースを、使うことが出来ます。

ブルートゥース非対応でも、対応品にしてしまう方法もあります。

今回は、ブルートゥースの接続を、非対応でも後付する方法を紹介していきます。

車でブルートゥースを後付けするやり方

そもそもブルートゥースとは、無線通信規格のひとつで対応した機器同士なら、ケーブル接続をしなくてもデータ通信が可能です。

たとえば、ブルートゥース対応のナビで、スマホを取らなくても電話の受け取りができたりします。

有効範囲は大体「10m以内」です。

国際標準規格なので対応している機器なら、どんな国のメーカーの製品でも接続が可能になります。

「じゃあ、ブルートゥース非対応じゃ接続は無理だよね」

ひょっとしたらここまでの話の流れだけなら、そう思うかもしれません。

まず非対応製品でも、ブルートゥース対応品に変身させることが出来ます。

必要なのは、「ブルートゥースレシーバー」です。

端子や電源形状に関しては、現在使用している機器に合うような製品を買いましょう。

もし、メスケーブルが必要なら、同時に買ったほうが良いですね。

電源や端子がブルートゥース接続したい機器に、合っているなら後はケーブルをつなぐだけでOKです。

車に設置するブルートゥースレシーバーは、ボタンが押しやすい製品を選ぶと良いでしょう。

横にボタンが付いているタイプの場合は、運転している最終では押しにくいので大変危険です。

ブルートゥース非対応機器で気をつけたい事とは?

ブルートゥース非対応でも「AUX」という、差込口が付いています。

ですが、この「AUX」という差込口が付いていない場合は、ブルートゥースレシーバーは使えません。

もし、「AUX」の差込口がないなら「2. FM トランスミッター」の方で、接続をするしか無いでしょう。

車の機器にブルートゥースを接続するには?

まず、カーナビなどにブルートゥース機能があるなら、接続をしてみましょう。

やり方は以下のとおりです。

1.スマホのブルートゥース設定をオンにする

2.カーナビでスマホのブルートゥースを認識させ接続させる

3.ブルートゥース設定で「機器登録」を選ぶ

4・接続したいスマホを選ぶ

5.画面の支持に従っ手操作すれば接続完了

まず、スマートフォンのブルートゥース機能を、オンにしないと接続はできません。

カーナビの種類やメーカーに寄っても、操作方法は異なります。

取扱説明書通りに、ブルートゥースの設定をしていきます。

ブルートゥース対応機器同士は、ペアリングをしないと使用はできません。

おすすめのブルートゥースレシーバーは?


引用:https://item.rakuten.co.jp/

おすすめのブルートゥースレシーバーは、「ブルーミュージックプラグ」です。

小型でカーステレオの「AUX」に差し込めば、簡単に使用することが出来ます。

スマホとのペアリングも簡単にできるので、初めてブルートゥースを後付するなら試してみるのも良いですね。

バッテリーで作動しているので、定期的に充電をしないと使えなくなります。


引用:https://item.rakuten.co.jp/

値段はAmazonで「1,690円」でした。

機器によっては、端子が入らないこともあるので注意が必要です。

ブルートゥースレシーバーは、電話の通話が可能です。

ブルートゥースレシーバーがないと、とっさに電話がかかってきても出ることが出来ません。

大事な電話がかかってきても、運転中だと余計に出ることが出来ませんよね。

ブルートゥースレシーバーは無線通話が可能なので、スマホはポケットに入れたままでも大丈夫です。

いきなり電話がかかってきても、慌てる必要もないのです。

スマホの音楽を車の中で、聞くことが出来ます。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

まとめ


引用:https://item.rakuten.co.jp/

車の中でブルートゥースを接続すると、色々と便利になります。

車のカーナビは、ブルートゥース非対応でも「AUX」の接続端子が荒れば、簡単にブルートゥース対応品になります。

もし、ブルートゥース対応にしたいという場合は、ブルートゥースレシーバーを取り付けると良いでしょう。

ブルートゥースレシーバーには、コンパクトサイズから大きなサイズまで色々とあります。

値段も安いものから、高いものまであります。

値段によっても性能が変わるので、予算に応じたブルートゥースレシーバーを買うと良いですね。