カー用品

車の座り心地が改善!?オススメグッズ3選

車に長時間座っていると、お尻が痛いとか腰が痛いと思ったことはないですか?

車の座り心地はお尻の下に敷くクッションで、改善が可能です。

このページでは、座り心地を良くするグッズを紹介していきます。

ウエストクッション


引用:https://item.rakuten.co.jp/

ウエストクッションは体の姿勢や動きに合わせ、いろいろな体の動きに対して支えてくれるクッションです。

長時間同じ姿勢のままでも、体圧分散が効率的にするので、ソフトな座り心地を実現しています。

ウエストクッションに使われる素材は、通気性にも優れていて、熱気がほぼこもりにくいのです。

体とシートの間に快適な通気空間を、作ってくれます。

汚れてもネットを使用すれば、洗濯機でも洗うことができます。

いろいろと改良されて、出来上がった製品のようなので、使い勝手はかなり良いと言えます。

・姿勢の変化に合わせたい体を支える

・長時間の着座でも体圧を分散させて使っれにくくしている

・ネットを使用すれば洗濯機でもせ洗える

楽天の値段:4,986円
Amazonの値段:4,680円

エクスジェルダブルクッション


引用:https://item.rakuten.co.jp/

エクスジェルというのは、床ズレのリスクを無くすために、柔らかくて安定した素材を開発しています。

優れたクッション性は、医療や福祉製品などやベビー用品など、幅広い製品に使用されています。

コンパクトなデザインが腰や背中にフィットして、長時間の運転でも疲労が軽減されます。

運転中に腰やお尻が痛くなりますが、エクスジェルでは腰やお尻は痛くならず優しくアシストしてくれます。

・床連れのリスクが低い

・医療や福祉製品にも使用されている

・長時間運転でも疲労が軽減される

・運転中に腰やお尻が痛くならない

楽天の値段:9,500円
Amazonの値段:9,800円

ハグドライブ シート&バッククッションセット


引用:https://item.rakuten.co.jp/

運転をしていると体に負担を掛けることが多く、とくに腰などに負担が集中します。

さらに、体の重みを長い時間、坐骨や尾骨部に集中するとお尻や腰が痛くなります。

ハグドライブシートは、福祉分野でも使用されている、骨盤サポート構造を更に腰を包み込むようにして支えています。

こうした状態にすることで、腰やお尻に負担をかけないようになっています。

長時間ドラ初を楽しみたいなら、ハグドライブ シート&バッククッションセットはおすすめの商品となります。

・体の重みを分散する

・腰を包み込むようにして負担を軽減する

・福祉分野でも使用されている

・腰やお尻に負担をかけない

楽天の値段:25,920円
Amazonの値段:26,006円

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

クッションをお尻に敷くことで得られるメリット・デメリット


引用:https://item.rakuten.co.jp/

クッションをお尻の下に敷くことで、路面からの衝撃を緩和することができます。

多くの場合は運転中に腰や体の負担を軽減するために、座面に敷くことが多いです。

しかし、こうしたクッションには路面からの衝撃を、少なからず和らげている機能もあるのです。

他にも座席が固い場合に、クッションをお知りの下に敷くことで、長距離ドライブもお尻が痛くなりません。

また、長距離ドライブをしていて腰がすぐに痛くなる場合も、クッションを使用することで、痛みを軽減してくれるのです。

低反発のクッションも中にはあるので、できる限り低反発のクッションを選ぶようにしましょう。


引用:https://item.rakuten.co.jp/

低反発クッションはウレタンフォームという素材でできていて、元々は宇宙飛行士の体の負担を軽減させる素材だったのです。

そして、圧が加わってもゆっくりと沈み込み、そしてゆっくりと元に戻ります。

低反発クッションは、長時間座ってもほぼお尻が痛くなりません。

お尻が痛いという場合は、低反発クッションを選ぶと良いですね。

中時間運転をしていてすぐに肩こりや腰痛になるなら、それは運転姿勢が悪いからだと言うしかありません。

お尻が痛くなると集中力も無くなりやすいですし、お尻の痛みを和らげようと姿勢を崩すこともあります。

そうなると、肩こりや腰板の原因になるのです

クッションをお尻に敷くことで、視線が少し高くなります。

さらに、車のフロントガラスの見え方や、信号機の見え方まで変わります。

一番面倒なのが、ルームミラーやドアミラーがクッションを敷くことで、見えにくくなっているという点です。

クッションを変えたら、ミラー関係もチェックしておきましょう。

必要なら調整をしておきます。

まとめ


引用:https://item.rakuten.co.jp/

車のクッションは、かなり多いですね。

車のクッションは単なる座布団ではなく、腰板にも効果があるようですし疲れにくい場合が多いようです。

どういうクッションが良いのか、人によっても好みが違います。

なので、選ぶときは、慎重に探したほうが良いでしょう。

クッションの中でも汚れたら洗濯機で洗うことができるタイプもあるので、選択ができるかどうかもチェックしていたほうが良いかもしれません。