車のお役立ち情報

マニュアル車のおすすめ!【軽自動車】

年々マニュアル車に乗る人が少なくなり
最初からマニュアル車が販売されないモデルもあったりします。

今どきの車でもマニュアル車で運転を楽しみたいと
そのように願う人のために、ドライブが楽しくなる
おすすめの車を紹介していきます。

新車でのおすすめはどれだ?!


引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/03_exterior.htm

最近の車は運転を楽しむ人は少なくなりましたが
それでもマニュアル車を買ってドライブを楽しむという人は少なからず存在します。

そんな、車を自在に操りたいと思っている人におすすめの新車は以下のとおりです。

ダイハツ・コペン


引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/03_exterior.htm

ダイハツ・コペンは純粋な軽自動車スポーツクーペです。

もちろん、お買い物カートして利用するのは間違いで
運転をこよなく楽しいと感じる人の車です。

ですが、限られた人や場所でしか性能を使い切れない車ではなくて
町中からサーキットまで楽しむことが出来る車です。

車を操る楽しさと上質な乗り心地を両立した一台となっています。

コペンのスペック

販売期間 2014年6月19日 -生産中
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアオープン
エンジン KF型:658cc 直列3気筒DOHCターボ
駆動方式 前輪駆動
最高出力 47kW (64PS)/6,400rpm
最大トルク 92N・m (9.4kgf・m)/3,200rpm
変速機 5速MT/7速スーパーアクティブシフト付CVT
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,280mm
ホイールベース 2,230mm
車両重量 850kg(5速MT)
870kg(CVT)
新車価格 185万円~193万円

スズキ・アルトワークス


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto_works/styling/

スズキ・アルトワークスは、2000年に販売停止となり
多くのファンが嘆き悲しみました。

私自身も元アルトワークスに乗っていたこともあり
その力強い走りに魅了された一人です。

軽自動車とはいえ、軽快な走りと加速力は
格上の車すらも圧倒してしまうほどでした。

アルトワークスはアルトのスポーツモデルの車ですが
味付けとしては、本格スポーツモデルよりもおとなしい感じですね。

スズキは、走りの面でも力が入っているメーカーのようで
マニュアル車として買った場合は、車を操っているという感じがして
運転がより楽しく感じる車です。

マニュアル車なら自分で車を操作している感じがするので
燃費を意識した走りも出来ますしスポーツ走行を意識した走りも出来ます。

アルトワークスのスペック

販売期間 2014年9月 – 生産中
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン R06A型 658cc 直列3気筒DOHCターボ
駆動方式 前輪駆動 / 四輪駆動
最高出力 47kW(64PS)/6,000rpm
最大トルク 100N・m(10.2kg・m)/3,000rpm
変速機 4速 / 3速AT
5速MT
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,460mm
車両重量 670kg
新車価格 150万円~165万円

ホンダ・S660


引用:https://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/styling/3d/

ホンダ・S660は、内外像に多くの専用装備が用意されています。

外見を見ると軽自動車に似つかわしくないほど
カッコよく仕上がっているデザインだと感じます。

ホンダ・S660もマニュアル車の本当の運転の楽しさを
教えてくれる車となっています。

駆動方式がミッドシップなので
下手にテールスライドを決めようとすると
スピンしかねないジャジャ馬です。

ホンダ・S660は本当に運転が上手い人のみが操れる
超本格スポーツモデルと行っても良いでしょう。

また、ホンダ・S660のデザインには一つ一つに意味があります。

たとえば、フロントバンパーの形状は空力特性に合わせて採用された
専用ガーニーフラップ付きアクティブスポイラーは
性能面もデザイン面も所有する喜びを与えると行っても良いでしょう。

最近の軽自動車は値段が高くなっていて
もはや「貧乏人の車」とは言えないくらい車両本体価格が高いです。

ホンダ・S660の値段は余裕でコンパクトカーの上級グレードが買える198万円~285万円です。

乗用車でもスポーツカーは高いですが
軽自動車も非常に高いですねぇ・・・
S660のスペック

販売期間 2015年4月2日 –
(発表:2015年3月30日)
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアオープン
エンジン S07A型:658cc 直列3気筒DOHCターボ
エンジン位置 ミッドシップ
駆動方式 後輪駆動
最高出力 47kW (64PS)/6,000rpm
最大トルク 104N・m (10.6kgf・m)/2,600rpm
変速機 6速MT
無段変速オートマチック(CVT・7スピードモード付)
サスペンション 前:マクファーソン式
後:マクファーソン式
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,180mm
ホイールベース 2,285mm
車両重量 830-850kg
ブレーキ 前:油圧式ディスク
後:油圧式ディスク
新車価格 198万円~285万円

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

まとめ

オートマ車は、変速するタイミングは決まっているし
車に操られている感が半端ないです。

ですが、マニュアル車は自分で変速をするので
自分が車を操っているという楽しさが味わえます。

マニュアル車は、車の性能を運転手が
フルに引き出している感覚になります。

マニュアル車は運転が上手・下手が反映されますが
それでも練習を重ねていけば、誰でも上達していきます。

運転を楽しみたいという人は
今回紹介した車を検討してみてはどうでしょうか。