機能・オプション

新車の頭金!目安の額はいくらくらいなの?

新車を買う時の頭金の目安は、車両本体価格の「20%~30%」です。

新車を買う時の頭金は、絶対に必要なのでしょうか。

今回は、新車の頭金は必要かどうかや、払う人は多いのかどうかなども紹介していきます。

頭金の相場っていくら?

車を買う時には、頭金を入れる人がいます。

この頭金というのは、いったいいくらくらいが相場なのか、気になる人もいるでしょう。

人それぞれ違う条件を持っていると考えられますが、頭金の相場は車両本体価格の「20%~30%」と言われています。

なので、100万円くらいの車を買うときは、「20万円~30万円」の頭金が必要ということになります。

これは、あくまで目安なので予算に余裕があるなら、多めに頭金を入れても良いでしょう。

最初にたくさんお金を支払っていたほうが、ローンの支払もそれだけ減るので楽です。

ですが、頭金を無理して支払うのは、あまり良くありません。

生活をしていくためにも、生活費を削ることはしないほうが無難です。

頭金を多めに支払うことは、ローンを組む時の審査にも影響します。

新車購入額 頭金2割 頭金3割
150万 30万 45万
200万 40万 60万
250万 50万 75万
300万 60万 90万
350万 70万 105万
400万 80万 120万
450万 90万 135万
500万 100万 150万

新車のローンを組むときは頭金は絶対に必要?

結論から言えば、新車のローンを組む時の頭金は、絶対に必要というわけではありません。

実は頭金なしもローンを組むことができます。

新車が欲しくても頭金がないという場合でも、フルローンを選べば頭金なしでも問題はありません。

月々の収入が安定していないという場合は、審査を通すがの難しくなります。

しかし、フルローンの場合は月々の支払い金額が高くなるので、注意が必要です。

新車の頭金はローン審査にも影響していた!?

新車を買う時に頭金を支払いますが、実はローンの審査に影響するのが頭金です。

全額ローンにしてしまうと、審査がとても厳しくなります。

また、頭金を多く支払える人というのは、それだけ支払能力が高いと思われるのです。

さらに、最初に頭金をお目に支払うことで、毎月の支払いが少なくなるので楽ですよね。

なので、最初の多めに頭金を支払えば、毎月の支払いも少なくなるのです。

頭金があるとどうして、審査に通りやすくなるのか疑問に感じませんか?

たとえば、100万円を借りる場合に、フルローンで借りると100万円の借金となりますが、50万円の頭金を入れると50万円の借金となります。

一体どちらが信頼性が高いのかと言えば、頭金50万円の方でしょう。

頭金があると支払いが楽になる!?

頭金があると支払いが、少しは楽になるのです。

理由は、頭金がある場合は、それだけローン会社からお金を借りなくてすむからです。

利息も少なくてすむので、頭金が多いほど良いことがたくさんあるということになります。

利息は新車を買う時の手数料だと思えば、それは仕方ないことかもしれません。

しかし、頭金が用意できていれば、余計な支払いをしなくてすみます。

すぐに車がほしいという場合は別として、なるべく多くの頭金を用意するようにしましょう。

車の金額に対して、ある程度の頭金は必要と言えます。

頭金を少しでも用意しないと、頭金を入れるメリットは実感できないでしょう。

金融機関によっては、車本体価格から何%以上という感じで、頭金の最低金額が決まっていることもあります。

頭金を支払うタイミングというのは、規模の小さい店の場合は車の購入金額によっても異なるかもしれません。

基本的には、車が納車される時に支払うケースが多いです。

ディーラーの場合は頭金を、クレジットカードで支払うことができます。

店舗によっては頭金を支払うタイミングが、若干違うこともあります。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

まとめ

車をローンで買うという場合は、頭金を支払うことが多いのではないでしょうか。

頭金はローン審査をするときに、かなり有利な材料となります。

基本的に頭金というのは、自由に設定することができます。

車の金額に対して、あるていど頭金を用意する必要があります。

頭金は車の金額に対して、「20%~30%」と言われています。

ローンの審査も考慮して頭金は、少し多めに支払うと良いでしょう。

頭金を用意していない場合は、審査に通らないこともあります。

たとえ、頭金があっても、確実に審査が通るわけではありません。

場合によっては、審査に通らないこともあるのでです。

頭金が十分にあっても、ほかでも借り入れをしている場合は、審査に通らないこともあります。

他の金融会社からも金を借りているという場合は、他社からの借入件数を減らすようにすれば審査に通る可能性が上がります。

車を買う時の頭金を用意するデメリットは、ある程度まとまったお金が必要になります。

頭金が少ない場合は、支払うお金が多くなるので、できる限りは頭金は多めにしていたほうが良いでしょう。

頭金を多めにしていると月々の支払いが、安くなるので多めに頭金は用意していたほうが良いでしょう。

車の車両価格は年収が、限度額の目安と言われています。

ローンの審査というのは年収に対しても、審査が通るかどうかが決まります。

返済額が年収の3割りになっていると、審査に通りにくい傾向にあります。

なので、頭金を用意することで、支払い金額を減らすようしたほうが良いのです。

そうすれば、ローンを今後、利用するときも審査が通りやすくなります。