スバル

フォレスター新型!Advanceの評価!パワーや内装も!

2018年7月19日に新型フォレスターが発売となりましたが、その中でも少し遅れて発売となる「Advance」グレードに注目が集まっています。

SUBARUの新技術が搭載されているという「Advance」ですが、一体どんな機能が詰まっているのでしょうか。

今回はそんな期待の「Advance」についてご紹介していきたいと思います。

新型フォレスター「Advance」アドバンスとは?

引用元:https://www.subaru.jp/forester/forester/

今回発売された新型フォレスターの4つのグレードの一つ。

Advanceはその中でもSUBARU史上初のハイブリッドシステムを搭載したグレードなのです。

2.0直噴DOHCエンジンにモーターを追加してあるので、スムーズな加速とトルクフルな走りで快適な運転が可能となっています。

「ダイナミック×ソリッド」を掲げたコンセプトのとおり、上質で重厚感のあるエクステリアが高級感を演出しています。

Advance限定!e-BOXERの魅力

引用元:https://www.subaru.jp/forester/forester/

「e-BOXER」とは、Advanceに搭載されているハイブリッドエンジンのことです。

FB20型の2.0L直噴DOHCエンジンにモーターが搭載されています。

1640kgの車体に対して、エンジンの最高出力は107kw(145PS)/6000rpmと少々パワー不足かと思われるでしょうが、最高出力10kw(13.6PS)を組み合わせれば、十分な加速が得られるでしょう。

シンメトリカルAWDのを左右対称の構造にし、エンジンとモニターを前方、バッテリーを後方に設置したため、車体の前後左右のバランスが整っています。

引用元:https://www.subaru.jp/forester/forester/

他のグレードより重量が多いので、ゆったりした走りにはなりますが、負けず劣らずの高い走行性能を持っていますよ。

気になる燃費ですが、18.6km/L、1度の給油で900km前後走行が可能です。

大きさや重量があるにも関わらず、一般的なコンパクトカーよりも断然燃費が良いのが魅力ですね。

また、雪道や砂利道などで運転をサポートしてくれる「X-MODE」が搭載されているので、雪深いところや整備されていない道でも安心して走行することが出来るんです。

気になる内装は?Advanceのインテリアに注目

引用元:https://www.subaru.jp/forester/forester/

Advanceの魅力の中で、最も注目して頂きたいのが内装です。

標準シートはPremiumと同じ、ファブリックとレザーコンビシートですが、メーカーオプションで選べるブラウンのレザーシートに注目が集まっているのです。

ブラウンのレザーシートはそれ自体が珍しく、また、ドアパネルにも同様のレザーがあしらわれていて、高級感の中に落ち着いた雰囲気があるシートとなっています。

ブラウンの他にブラックのシートもあるので、シンプルな色がお好みの方は変更も可能ですよ。

しかし、ブラウンのシートはAdvance限定なので、ぜひおすすめしたいオプションなのです。

引用元:https://www.subaru.jp/forester/forester/

適度にホールド感があるシートですので、乗り心地も抜群。

急カーブでもポジションがずれにくいので、運転していても隣に乗っていても、安心して乗車できます。

また、旧型よりも後部座席が広い造りになっています。

おかげで全席快適な車となったのです。

引用元:https://www.subaru.jp/forester/forester/

走行に関する機能のスイッチがシフト周りに集約されているので、とても使い勝手が良くなっています。

また、ブルーLED照明で夜間の運転時でも車内の視認性が向上しました。

なおブルーLEDはメーカーオプションの為ご注意ください。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

Advance以外の新型フォレスター

ここまで、注目度の高いAdvanceについてご紹介してきましたが、それでは他のグレードはどんな車なのでしょうか?

Advanceとの比較のためにも、他の3グレードをご紹介します。

◆Touring


引用元:https://www.subaru.jp/forester/forester/

ベースのグレードとして、シンプルなデザインに仕上がっています。

2.5L直噴DOHCエンジン「FB25」が搭載されている車です。

インテリアもシンプルを基調に、ファブリックのコンビレザーシート(ブラック)を使用しています。

◆Premium


引用元:https://www.subaru.jp/forester/forester/

その名のとおり、上質感をデザインしたPremium。

標準シートはTouringと同じ、ファブリックとレザーのコンビシートですが、オプションでブラックの本革シートに変更することが可能です。

高級感のあるブラックのレザーシートで、より一層魅力的になる車です。

◆X-BREAK


引用元:https://www.subaru.jp/forester/forester/

アウトドアやスポーツを楽しむ方にオススメしたいのがX-BREAK。

オレンジのポイントカラーや、ルーフレールの標準装備など、他のグレードよりもアクティブな印象の車となっています。

また、アウトドアシーンで活躍する撥水ファブリックを採用されているのもX-BREAKのみです。

Advanceと他のグレードの違いは?

他のグレードの特徴をご紹介しましたが、実際にAdvanceは他のグレードとどう違うのでしょうか。

Advanceについてまとめてみました。

購入の際など参考にしてみてくださいね。

◆性能

・エンジン:2.0L直噴DOHC+モーター
・燃費:18.6km/L
・ブレーキ:17インチ2ポット
・車両重量:90kg増
・燃料タンク容量:48L
・変速比・減速比

◆装備

・ホイール・Advance用18インチホイール
・シートヒーター:3段階温度調整つき
・ライセンスランプ:LED
・アイサイト:ECOクルーズコントロール機能搭載
・安全装備:車両接近通報装置搭載

 

Advanceの魅力と評価をご紹介

引用元:https://www.subaru.jp/forester/forester/

SUVとして人気の声が高いフォレスターですが、その中でも「Adovance」をおすすめする声が多いのです。

その魅力とはやはり「ハイブリッドシステム」でしょう。

トヨタ プリウスを先駆けとしたハイブリッドカーの人気は、今や時代に蔓延しています。

環境保護において重要視されているほか、ガソリン価格の高騰により燃費の良い車が重宝されているのです。

今回SUBARUは、独自の高い走行性能や安全装備をふんだんに盛り込み、さらに史上初のハイブリッドシステムを導入したことにより、「新型フォレスター Advance」という1台の車を作り上げました。

これにより、SUBARU車を購入する人がますます増えることでしょう。

また、SUBARUの安全装備「アイサイト」と、ハイブリットエンジンを協調制御するためのシステム「ECOクルーズコントロール」が、Advanceのために追加されました。

そのため、燃費をさらに抑えることが出来るのです。

走行性能、安全性、そして燃費の良さ。

アウトドア派、ファミリー層など、車を必要とする人々の要望を、たった1台で実現させた車。

それが「新型フォレスター Advance」なのです。

新型フォレスター「Advance」のまとめ

注目の「Advance」グレードはいかがでしたでしょうか。

長年SUBARU車を愛してきた方にとって、今回のハイブリッドシステム導入は衝撃だったのではないでしょうか。

高い走行性能を持つSUBARU車にとって、燃費は二の次というイメージはどうしても拭えません。

しかし、今後の環境配慮や低燃費を求める社会情勢には、どのメーカーも避けられないでしょう。

その中で、独自の理念を掲げながらも、需要を満たす1台を発表したSUBARUには、更なる技術力向上も期待出来そうですね。

Advanceの発売や、まだ未明の特別仕様車・マニュアル車の発表など、今後のSUBARUの動向にも注目したいところです。