スバル

新型フォレスターの値引きの限界と裏技!

本格SUVとして絶大な人気を誇っているSUBARUの「フォレスター」ですが、2018年にフルモデルチェンジが実施され、さらに注目を集めています。

車が好きで、走りにこだわる人にとっては手に入れたい1台なのではないでしょうか。

しかし、新車購入となると正規の価格は高くて、購入するにもなかなか勇気がいるものです。

そこで今回は、値引きのやり方や限界、あまり大きな声では言えない裏技まで、ちょっとお得な情報をこっそりご紹介します。

フォレスターを購入する時の助力になれば光栄です。

値引きの目安と購入のタイミング

◆目標値引き額を計算する

車の値引きって、実際どれくらい出来るものなのか分かりませんよね。

そこで、実際に行われた値引き額を参考に、大体の目安を付けていきたいと思います。

まず第一に、「車両本体価格から10万円」は値引き出来ます。

その他、カーナビなどの「オプション総額から30%~40%」の値引きが見込めるでしょう。

仮にオプションを40万円分付けたとすれば、12万円~16万円の値引きとなるので、車両本体価格と合わせると、総額で22万円~26万円の値引きが出来るのです。

もちろんこの金額は、上手く値引き交渉が出来た場合のもの。

場合によってはもっと値引きが出来ることもあるので、しっかり交渉術を学んでいきましょう!

◆セールを狙え!ボーナス・決算時期はやはりお得

買いたいものをお手頃価格で手に入れられると言えば、「セール」ですよね。

特に、大型家電や車などの価格が大きいものは、決算時期に特別なセールを実施することが多いのです。

具体的には、お盆明け~9月にかけての中間決算、1月から3月にかけての年度末決算の2回。

また、夏と冬のボーナス期を合わせると計4回、セールのチャンスがやってきます。

この時期に合わせて、決算セールや特別価格、限定販売を開催するディーラーが多いので、購入するならこの時を待つのが絶対にお得です。

特にお急ぎでないのなら、次のボーナス・決算時期を待ってから購入してみてはいかがでしょうか。

下調べが大切!競合車を値引きに使う

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

◆競合車を設定する

フォレスターと特徴が似ている車と言えば、

  • マツダ:CX-5
  • 日産:エクストレイル
  • トヨタ:ハリアー
  • ホンダ:ヴェゼル
  • 三菱:アウトランダー

このあたりですね。

特にCX-5とエクストレイルは購入する年齢層もほぼ同じです。

これらの車を競合車と設定し、ディーラーにその存在を仄めかせば、値引き交渉の際に良い結果をもたらしてくれるのです。

どうしてもフォレスターが欲しい!という気持ちが相手に知られてしまうと、値引きどころか、どれだけ定価で買ってもらえるかに重点を置かれてしまいます。

けれどたとえ嘘でも、他にも買いたい車があると思わせれば、ディーラー側は自分の成績や利益の為にも、値引きを惜しまず購入意欲を掻き立ててきます。

その為にも、仮の競合車を設定することは非常に大切なのです。

◆競合車の下調べをする

競合車を設定したら、実際に競合車のディーラーを訪れ、見積もりを取りましょう。

他社の似たような車がどれだけの値段で購入できるのか、具体的な話をすれば値引きの時にもかなり優位に話が進みます。

しかし、競合車に惑わされてしまう危険性もあるので注意が必要です。

実際に私がフォレスターを購入した際、エクストレイルを下見したのですが、気付けばハンコを押す寸前まで話が進んでおりました。

あくまで値引きの為にと足を運んでいたのが、いつの間にか自分の中でフォレスターとエクストレイルが天秤にかけられていたのです。

このように、当て馬のつもりで見積もりを取ったところ、車自体の大きさや、荷室の使い勝手などを考えて、迷った末にフォレスターでは無く競合車を購入する方が多いそうです。

後々「こんなはずじゃなかったのに」という悲しい結果にならないように、自分にとって譲れないものはしっかりと確認しておきましょう。

必見!ディーラーへの値引き交渉術

値引き交渉をするのであれば、ディーラーへは何回か通う覚悟で訪問するのが良いでしょう。

けれど実際にディーラーと交渉する時、どのように話をしていけば良いか。

上手く値引きを交渉出来るか不安ですよね。

それではここからは、値引きの段階を踏みながらご紹介していきます。

◆ディーラー交渉1回目

まずは様子見の段階です。

カタログをもらったり、値引きはしてもらえるんですか?のような、軽い世間話のような会話で大丈夫です。

ここで大切なのは、「まだ迷っている」と伝えること。

「希望に合った車を探している」と印象付ける程度で良いでしょう。

あまりにも熱烈に話してしまうと、「買うお客様である」と思われてしまい、後々の値引きに影響してしまいます。

他の車も見てきます、と言ってその日は帰りましょう。

ライバル車の下調べはこの後でも大丈夫ですよ。

◆ディーラー交渉2回目

ここで本格的な値引き交渉を行います。

2回目の訪問となると、ディーラー側も「買う気があるのかな?」と期待してきます。

ですが、1回目同様「他の車と迷っている」と焦らすことがポイントです。

そのうえで、ライバル車の見積もりを取ったと伝え「一番いい条件で購入したい」と伝えましょう。

他社の金額が提示されているのですから、どんなに悪くても、他社と近い価格まで値引きをしてくれるはずです。

また、価格が変動するのは、オプションの有無によるところが大きいのですが、「3つセットだと合わせて〇〇円値引き」という、いわゆるセットプランには注意が必要です。

値引き額は確かに大きく見えるものの、純正の物となるとそれだけで高額になります。

携帯の料金のように「後で解約」が出来ないものなので、本当に欲しいオプションや必要なもの、純正でなくても良いものなど、あらかじめ整理しておくことをオススメします。

3、ディーラー交渉3回目

3回目以降は、ディーラー側も限界ギリギリの値引きを提示しているかと思いますが、それでもあと一歩、何とかならないかという時の秘策です。

例えば、隣の市や町にある同系列のディーラーに足を運び、現在の見積もりを提示して以下のような話をしましょう。

「○○のディーラーでこの金額なんですが、△△円だったら即ハンコ押します」

もちろん、限界ギリギリな金額ですから、これ以上は無理と言われる可能性も高いです。

けれど「買います」と言っているわけですから、もしかしたら担当の営業マンもなんとかしてくれるかもしれませんよ。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

フォレスター購入者の体験談

引用元:https://www.subaru.jp/forester/forester/

こちらは、実際にフォレスターを値引きして購入された方の体験談です。

購入のタイミングや、ライバル車との駆け引きをきちんと行ったお話となっておりますので、是非とも参考にしてみてください。

◆実際にフォレスターを買ってみた

「結果として、値引きは出来たものの、あと一歩希望通りにはいきませんでした。

車の乗り換えを機に、念願のSUVを購入することに。

以前からフォレスターが良いと決めていたので、下取りの車の査定額を含めた300万を予算として、2.0X-Break EyeSightの見積もりを取ってもらいました。

交渉1回目では見込み通り、車両本体価格から10万円、オプション総額36万円から30%の値引きで10万円。

合計20万円の値引きとのことでした。

まだ値引き出来そうな雰囲気はあったのですが、まずは初回の為、エクストレイルも見たいと伝えその日は帰りました。

2回目交渉の際、エクストレイルの見積もりが値引き40万円であることを伝え、さらにディーラーが決算セールを行っていたので、どこまで値引きが可能かと詰め寄りました。

結果、車両本体価格から約13万円、オプション総額約46万円から50%値引きで約23万円。

合計約36万円の値引きとなりました。

値引きだけの金額を見れば悪くない方ではありますが、総額が308万円だったので、予算を少しオーバーしてしまったのが残念です。

もっと値引きしてもらった方もいらっしゃるようなので、最初からフォレスター狙いだということがバレていたのかもしれませんね」

 

こちらの実例を見ると、他社の見積もりと、本命であることを明かさないことがとても大切だと分かりますね。

オプションの値引きが半額となっているので、値引きとしてはかなり成功だとは思うのですが、さらに値引き出来た方もいらっしゃるとのこと。

やはり、いかに上手く交渉出来るかが肝心ですね。

秘儀!本当は教えたくない下取り査定の裏技

新車を購入する人の多くは、以前の車を下取りに出すのではないでしょうか。

もちろんそのお金を予算に含めたいですよね。

けれど、実際に下取りして貰うと、「もっと高く買い取ってくれる所あるかもしれない」って思ったりしませんか?

長く乗った愛着のある車ですから、少しでも高く買い取ってもらいたいし、少しでも多くの金額を新車購入に充てたいと思うのは当然のことです。

そこでご紹介します。

実は、買取にも裏技があるんです

その裏技とはずばりネット査定

ネット査定では10社以上の大手買取業者が、オークション形式で車を査定してくれます。

しかも登録無料!

所要時間も1分程度なので、気軽に査定することが出来るのです。

その査定額をディーラーに提示して交渉の材料にしても良いですし、ディーラーより査定額が高ければ、そのまま買取ってもらっても良いですね。

まずは自分の車がどれくらいの金額で売れるのか、ネットで査定してみてはいかがでしょうか?

新型フォレスターに乗ろう!値引きと裏技のまとめ

値引き交渉と裏技についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

フォレスターをお得に手に入れる秘訣
  • ボーナス時期や決算時期のセールを狙う
  • 本命は明かさずライバル車の存在を仄めかす
  • ディーラー交渉は3回を目安にする
  • 下取りはネット査定の方が高く売れる可能性がある

以上のポイントを抑え、ぜひ値引きの交渉をしてみて下さい。

フォレスターは安心感のある乗り心地と、故障が少ないという信頼性が魅力的な車です。

上質なスタイルに機能性が兼ね揃えられたフォレスターと一緒に、SUVライフを満喫しましょう!