未分類

フォレスター新型!グレード一覧のまとめ

2018年7月に、待望の新型フォレスターがついに発売となりました。

5年ぶりのフルモデルチェンジということで、フォレスターファンやSUBARUファンの方々から期待の声があがっています。

そこで今回は、新型フォレスターのグレードや、気になるお値段を一気に大公開いたします!

各グレードの特徴と合わせてぜひご覧ください。

待望のフルモデルチェンジ!新型フォレスターの実態に迫る

初代から数えて5代目となったフォレスター。

今回の新型が北米の展示会で発表された時から、ファンの間で期待の声が寄せられていました。

SUVらしさがさらに増した、そのスタイリッシュな装いに魅了されたのです。

そんな新型フォレスターですが、先代・4代目フォレスターとどこが変わったのでしょうか。

全ユーザーが気になっていて、そのうえで変化があった場所をまとめてみました。

項目名\年代 4代目フォレスター(2017/4~) 新型5代目フォレスター(2018/7~)
全長×全幅×全高 4610×1795×1715 4625×1815×1715(一部1730)
室内全長×全幅×全高 2095×1540×1280 2110×1545×1270
排気量 2000cc 2000cc~2500cc
価格帯 240万~310万 280万~310万

◆先代フォレスターとの相違点

4代目フォレスター
引用:https://autoc-one.jp/catalog/subaru/forester/106809/#grade


5代目新型フォレスター
引用:https://autoc-one.jp/catalog/subaru/forester/106809/#grade


先代と新型を比べてみると、まず全長・全幅がそれぞれ15cm・20cmアップしていますね。

室内が大きくなったということは、広々とした室内を堪能できるうえ、積める荷物の量も増えたということなので、ユーザーが一番実感出来る嬉しいサイズアップなのではないでしょうか。
また、室内全長が15cmアップしているので、全長のアップ分は室内が大きくなったということでしょう。

全長・全幅のサイズアップに関しても、そこまで大幅なサイズアップではないので、今までフォレスターに乗っていた方なら楽に乗りこなしが出来るでしょう。

しかし、あくまでも「サイズアップ」のため、多少の変化は必ずあります。

市街地や狭い道路の運転の際は、そのわずかな違いに戸惑うこともありますので、ご注意くださいね。

価格帯については、最低価格が先代より40万ほど上昇しました。

しかし今回の新型フォレスターは、予防安全装備や先進技術の搭載など、機能面が先代より大幅にグレードアップしているので、納得の価格になっております。

むしろ、最高価格が先代と変わりないので、かなりのプラス要素ではないでしょうか。

◆ここに注目!新型フォレスターのオススメポイント

今回のフルモデルチェンジで、個人的にオススメしたいポイントがこちら。

Ⅴディスク式の採用です。

フォレスターは従来、ディスクブレーキという種類のブレーキを採用しており、その中でもVディスク式は、表面積を大きくしているので、ブレーキの冷却を通常よりも早くしてくれます。

そのVディスク式が、今回の新型フォレスターでは全グレード4輪とも採用されているのです。

高速道路や長い下り坂で連続してブレーキをかけてしまい、ブレーキの利きが悪くなったり、効かなくなってしまうことをベーパーロック現象と呼びますが、Vディスク式では冷却が早くなるので、その現象を防ぐことができます。

もちろん、完全に防止することは出来ないので、坂道運転の際はエンジンブレーキを活用しましょう。

しかし、日常の運転で起こりえるトラブルを防止する機能です。

目立たない場所であってもしっかりと導入しているところに、メーカー側の配慮と誠実さがうかがえます。

一般的にはあまり注目されていない箇所ですが、私個人としてはとても感銘を受けたので、ご紹介させていただきました。

「Touring」スタンダードグレード

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

ここからは各グレードについて掘り下げていきたいと思います。

まずは、もっともスタンダードなモデルである「Touring(ツーリング)です。

新型フォレスターのベースとなるグレードで、メーカーオプションが少なく、価格も一番安い、シンプルなデザインとなっています。

多少物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、安全装備は全車標準搭載となっているものが多いので、十分に良い走りを見せてくれるでしょう。

自分の付けたいオプションだけでいいという、シンプル好みの方にはこちらのグレードがオススメです。

◆Touring専用装備

次に、グレード専用の装備をご紹介します。

・アルミホイール(17インチ。ダークメタリック塗装+切削光輝)

・マルチインフォメーションディスプレイ付メーター

・シート材質(ファブリック/トリコット+合成皮革。シルバーステッチ)

ディーラーオプションは、

・ドアバイザー(光輝モール無し・X-BREAKでも選択可能)

・リヤバンパーパネル(Premiumでも選択可能)
LEDフォグランプ(クリア・イエローの2色)

このようになっています。

シンプルな車にオプションを付ける楽しみもありますが、「他のグレードの標準装備まで付けていた!」ということにもなりかねません。

オプションをたくさん付けるよりも、標準装備の他のグレードを購入した方が安く抑えられることもありますので、よく検討してみてくださいね。

「Premium」上級装備が満載!


引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

さらなる高級感を演出したグレード「Premium」。

標準搭載されているオプションも申し分なく、Premiumでしか装備できない・されていないオプションがたくさんあります。

コンセプトの通り、「Touring」よりもさらに上質で、快適な乗り心地となっています。

フォレスター元来の外装を生かしたい方にはこちらのグレードがおすすめです。

◆Premium専用装備

Premium専用の装備はこちらです。

・アルミホイール(18インチ。ダークメタリック塗装+切削光輝)

・マルチインフォメーションディスプレイ付メーター)
・シート材質(ファブリック/トリコット+合成皮革。シルバーステッチ)

メーカーオプション

・シート材質(本革・ブラック/シルバーステッチ)

・センタートレイ加飾(シルバー塗装&表皮/シルバーステッチ)

・フロアコンソールリッド(シルバーステッチ/ソフトパッドタイプ・Advanceでも選択可能)

ディーラーオプション

・ドアバイザー(光輝モール付・Advanceでも選択可能)

・リヤバンパーパネル(Touringでも選択可能)

このようになっています。

価格はフォレスター最高価格から2番目となっています。

少しばかり値が張りますが、標準装備やオプションがとても魅力的な車ですので、「せっかくなので贅沢したい!」という方にオススメのグレードです。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

こだわりのデザイン「X-BREAK」

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

新型フォレスターのデザインの中では、このデザインが一番よく目にするのではないでしょうか。

「冒険」をコンセプトにした新型フォレスターに基づいた、アクティブなデザインに、赤みがかったオレンジのラインが特徴的です。

標準装備が充実しているので、快適なカーライフを送れるでしょう。

アウトドアやスポーツが好きな方にオススメのグレードです。

◆X-BREAK専用装備

X-BREAK専用装備はこちらです。

・タイヤサイズ(225/60R17オールシーズンタイヤ)
・アルミホイール(17インチ。ガンメタリック塗装)
・本革巻ステアリングホイール(ステアリングヒーター付/レッドオレンジステッチ)
・シフトブーツ(レッドオレンジステッチ)
・マルチインフォメーションディスプレイ付きメーター(ロゴ入り)
・シート材質(撥水ファブリック/合成皮革。レッドオレンジステッチ、タグ付)
・インパネアッパートリム(レッドオレンジステッチ)
・センタートレイ加飾(アルミ調&表皮巻(レッドオレンジステッチ)
・フロアコンソールリッド(レッドオレンジステッチ/ソフトパッドタイプ)
・ベンチレーショングリル加飾(レッドオレンジ塗装)
・カーゴルームランプ(LED)
・LEDリヤゲートランプ
・撥水カーゴフロアボード
・フロントグリル&フロントフォグランプカバー(無塗装ブラック+ピアノブラック調加飾)
・フロント&リヤバンパーガード(レッドオレンジ加飾)付
・サイドクラッディング(レッドオレンジ加飾)
・リヤガーニッシュ(ピアノブラック調)
・ルーフレール(レッドオレンジ加飾)
・ルーフポイラー(ピアノブラック調)

ディーラーオプションは

・ドアバイザー(光輝モール無・Touringでも選択可能)
・ホイールデカール(レッドオレンジ)
・フロアカーペット(オレンジアクセント)

となっております。

このように、装備できるオプションの数が少ない分、標準装備が他のグレードよりも格段に多くなっています。

これは、カスタム無しでも上等な仕上がりになっているため、メーカー側も自信をもってオススメしているためです。

特徴的なデザインを見ても分かるように、X-BREAKは他の3種とまったく違う、こだわり抜いたグレードなのです。

新感覚!最先端の技術を搭載した「Advance」

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

今回、最も注目されている最上級グレード「Advance」は、SUBARU史上初となるハイブリッドシステムが搭載されたグレードです。

他のグレードより少し遅れて、2018年9月に発売された「Advance」ですが、予約注文の40%がAdvanceに集まっているという、驚異的な人気となっています。

ハイブリットエンジンにモーターが搭載された「e-BOXER」が搭載されていて、また「ドライバーモニタリングシステム」などの専用機能がふんだんに搭載されているため、SUBARUの最新型としても注目されているのです。

町乗りが多い方や、安全機能が重視したい方にオススメのグレードです。

◆Advance専用装備

Advance専用の装備はこちら。

・アルミホイール(18インチ。ダークメタリック塗装+切削光輝)
・フロントベンチレーテッドディスクブレーキ(17インチ、2ポット)
・電動格納式リモコンドアミラー(サテンメッキ)
・マルチインフォメーションディスプレイ付メーター(ロゴ入り)
・シート材質(ファブリック/トリコット+合成皮革。シルバーステッチ)
・センタートレイ加飾(アルミ調)
・カーゴフロアマルチボックス
・フロントグリル&フロントフォグランプカバー(ピアノブラック調塗装+メッキ加飾)
・ドアハンドル(メッキ)
・フロント&リヤバンパーガード(シルバー加飾付)
・サイドクラッディング(シルバー加飾付)
・ライセンスランプ(LED)
・e-BOXERオーナメント
・ECOクルーズコントロールアイサイト
・ドライバーモニタリングシステム
・車両接近通報装置

メーカーオプション

・シート材質(本革・ブラック/シルバーステッチorブラウン/シルバーステッチ)
・インパネ加飾パネル(表皮巻/シルバーステッチ)
・センタートレイ加飾(アルミ調&表皮巻/シルバーステッチ)
・ルーフレール(ロープホール/シルバー加飾)付

ディーラーオプション

・ドアバイザー(光輝モール付き」・Premiumでも選択可能)

このようになっています。

標準装備を見ると、X-BREAK専用以外のものはすべて搭載されています。

メーカーオプションも、装備出来るものはすべて装備出来るようになっているので、選び放題ですね。

「あれもこれも付けたい!」とオプションで悩んでいる方は、Advanceの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

価格もPremiumとあまり変わらず、メーカーオプションで上乗せされる心配もありません。

何よりハイブリット車なので燃費が良く、年間の維持費が安く済む分お得と言えるでしょう。

ぜひ一度ご検討してみてくださいね。

私のオススメ!悩んだ末の一押しグレード

ここで、私が個人的にオススメしたいグレードをご紹介します。

正直、非常に悩みました。

それだけ新型フォレスターには魅力がたっぷりあるのです。

そんな中選んだグレードはこちら。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

X-BREAKです!

選んだポイントは以下の3点です。

・4つのグレードの中でも特に特徴的で、そのうえ総合的なバランスが良い

・特徴のレッドオレンジ加飾が、目立つのに嫌らしくなく、コンセプトにマッチしていて魅
力的である

・撥水材質などのアウトドアに特化したつくりが嬉しく、どんな場面でもドライビングが楽しめる

「e-BOXER」などの最新技術が満載のAdvanceと、どちらにしようかとても迷いました。

しかし、最終的には個人的好みであったX-BREAKに決定です。

標準装備も充実していますし、なによりもアウトドアに特化したつくりがSUVらしさを引き出していますよね。

もちろん他の3つのグレードもそれぞれの魅力があるので、ぜひお好みのグレードを見つけてみてください。

新型フォレスターグレード紹介のまとめ

フルモデルチェンジからグレード一覧まで、新型フォレスターについて詳しくご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

自分好みにカスタム出来るベースグレード「Touring」。

上級装備のうえパワフルな「Premium」。

特徴的なデザインのうえ、装備が充実している「X-BREAK」。

そして、「e-BOXER」を搭載したオールラウンダー「Advance」。

どれも一定の標準装備が備わっているうえ、それぞれに個性があるので、グレード同士で特徴が被ることなく、価格も大きな差がありません。

様々な場面や用途に合わせて、それぞれが活躍出来る仕様となっていますので、自分に合ったグレードを見つけることが出来るでしょう。

新型フォレスターの購入を検討している方のグレード選びに、この記事が参考になれば光栄です。