カー用品

車の買い替えのタイミングは?オススメの月は?

車を買い替えをするときって、適当に現在乗っている車を
ディーラー新車を買うときに下取りしてませんか?

車の買い替えにもタイミングと
おすすめの月というものがあります。

車を高額査定してもらうためのおすすめの月や
どういうタイミングで車を手放すべきかを紹介します。

車の買い替えのタイミングっていつ?

車というのは「自動車税」を4月1日に支払いますが
排気量によってこの税金の金額は変わりますよね。

どうせ、手放してしまうのなら自動車税を支払う4月1日を迎える前に
手放してしまったほうがお得ですよ。

また、手続きなどの手間がかかる時間を考えると
2月末や3月上旬に手放すようなタイミングで処理すると良いですね。

車を売却するときの注意点

車を売却する場合は、注意点があり
その注意点がクリアされていない場合は売却はできません。

買取店で売却をする人もディーラーで売却をする人も
以下の注意点は当てはまるので、ぜひ読み進めて知識を深めてくださいね。

1.自動車税が未納だと売却できない

車を所有しているなら毎年支払うべき「自動車税」ですが
これは4月下旬~5月上旬に「自動車税納税書」が送られてくるので
5月末までに納めないといけません。

さらに、車を売却する場合は名義変更をします。

名義変更のときに自撮車税納税証明書が必要となるので
自動車税を滞納しているという場合は、車を売ることが出来ないのです。

自動車税を支払っていないという場合は
車を売却する前に滞納分を支払ってから査定や
車の売却する手続きを行うと良いでしょう。

2.自動車納税証明書をなくした場合

自動車納税証明書をなくしてしまった場合は
「税事務所」で再発行が出来ます。

軽自動車の場合は「市区役所」で自動車納税証明書を
再発行することが出来ます。

再発行の手続きは、各税事務所や市区役所に
必要書類が用意されているので必要事項を記入して提出をすれば大丈夫です。

ほかにも、郵便での再発行申請も可能なので
忙しいくて市区役所や税事務所に行く暇がない人は
郵便の再発行申請をすると良いでしょう。

3.自動車税の還付は買取価格に含まれる

自動車税には「還付制度」がありますが
これは、廃車にするときに自動車税の残存期間に応じて
支払い済の税金が払い戻される制度を言います。

この対象となるのは、車を廃車にするときで
ディーラーで下取りに出すときや買取店での売却をでは当てはまらないのです。

自動車税を支払った分が損だと思う人もひょっとしたらいるかも知れません。

でも、買取店の多くは買取価格と一緒に
還付金も考慮して含めていることが多いのです。

法律的には返金はないのですが車の価値に上乗せされ
リサイクル料金と一緒にお金は返ってきます。

車を高額査定してもらうための5つのコツ

1.月や時期も計らう

2.シートやフロアマットをキレイにする

3.洗車をしておく

4.車に関する書類は保管しておく

5.複数の買取業者に査定をしてもらい見積もりを出してもらう

車を高く買い取って貰う場合は「月」などによって
高く車を売却できることがあります。

それは、「1月~3月」や「9月~10月」が
売却する時期としておすすめだと言えます。

理由は、「1月~3月」や「9月~10月」というのは
車を買う人が多い時期なのだからです。

正確に言えば「1月~2月」の車が売れる時期よりも少し前が
一番高く車を売却しやすいです。

これは、車が売れる時期を中古車販売店などが知っているので
売れる時期より前に在庫として車を仕入れたいので
「2月・9月」に車を売却したほうがお得なのです。

車を買い替え用途考えているなら
「2月・9月」などのタイミングが狙い目ですよ。

そして、査定士が最も注目するポイントは「内装」です。

外装ももちろん重要ですがボディよりも
内装がキレイな場合は、それなりに良い値で買い取られることもあります。

シートシミやダッシュボードに傷などが多ければ
査定金額が大幅に下がってしまう可能性があります。

逆に、あなたが車を買おうと思う場合は
出来る限りボディも内装もキレイな方が良いですよね?

もちろん、シートにタバコを落として焦がした跡があれば
これも大幅に査定金額が下がりますよ。

査定前は洗車をするのはもちろんですが
車関係の書類は車の収納ボックスに入れておくと良いでしょう。

車に関する書類というのは以下のような書類です。

・メンテナンスノート

・車の取扱説明書

メンテナンスノートは、売却しようとする車が
過去にどういう点検をしてきたのかを知ることが出来るので
必要となる書類になります。

車の取扱説明書の有無も車査定の重要なポイントとなります。

明書なんて読む必要ないし不要だから」

「取扱説明書を読んで理解したから」

そのような理由で、車の取扱説明書は捨てないようにしましょう。

理由は、次のオーナーが必要になるというケースもありますし
最近の車の場合は、機能が複雑化して必要な場合が多くなっているからです。

私も、アイドリングストップ車の「エコランプ」が点滅する理由を知るために
車の取扱説明書を熟読したことがあります。

なので、取扱説明書は次のオーナーのためと
査定金額を高くしてもらうためにもなくさないように
車に積んでおいたほうが良いのです。

車の査定士が見るポイント一覧

外装 ・ボディ全体の汚れ、キズ、ヘコミ
・ボディカラー
・エアロパーツ
・ナンバープレート
・前後左右のガラス
・サンルーフ、ムーンルーフの動作確認
・ボンネットや天井の状態
・ヘッドライトやテールランプ
・ラジオ、テレビ等のアンテナ類
・ドア、ウインドウの動作確認
内装 ・ルーム全体の汚れ
・喫煙による影響
・シートの状態
・オーディオ類とスピーカー
・カーナビ
・ハンドルやメーター類
・エアバッグ
・トランクスペースの状態
・スペアのタイヤ
・付属の装備品
足回り・下回り ・タイヤやホイールの状態
・車高(サスやショックなど)
・タイヤハウスの状態
・マフラーの状態
・オイルの漏れ、にじみ
・各パーツのキズ、ヘコミ、錆など
エンジン回り ・バッテリーの状態
・エンジンオイルの状態
・修復歴の確認
・エンジンの状態
・改造パーツの有無
・車台番号
その他 ・メーカー、車種
・年式、グレード
・走行距離
・車検証・整備記録簿の内容
・取扱説明書などの書類
・車検の残期間
・キー(スペアキー)やキーレスなどの有無
・純正部品の有無

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

まとめ

・車の売却は自動車税が未納ならできない

・車を買い換えるタイミングは2月末や3月上旬

・「2月・9月」は買取査定金額が上がりやすい

つまり、車を買い換えるタイミングは
自動車税を支払う前の「2月末や3月上旬」ということです。

さらに、車を売るときのおすすめの月は「2月・9月」です。

車を査定して貰う場合は、今回紹介したポイントを守って
車の買取専門店を利用してみると良いでしょう。