カー用品

車で使えるスマホホルダーのおすすめ3選

車でスマホを固定して操作をするというケースが多い場合は
スマホホルダーを使うと操作がしやすいです。

失敗しないスマホホルダーのおすすめを3つ紹介していきます。

このページを読むと後悔しないで済む
最適なスマホはどれかが分かるようになっています。

スマートタップ(l0550)

引用:https://item.rakuten.co.jp/kashima-tokeiten/l0550/

スマートホンホルダーというのは
何かを我慢して使い続けるというのはストレスが溜まります。

たとえば、スマートホンホルダーを取り付けたことにより
歩行者が見えにくいとか左折をするときにスマホホルダーが
視界に入り邪魔になるというケースも実は珍しくないのです。

ですが、スマートタップ(l0550)は自由にスマートホンの位置を変えられ
ダッシュボードの下側にセッティングでき運転の邪魔になりません。

なので、運転中も絶対に視界に入らないし邪魔になるという事はありません。

また、スマートタップ(l0550)の特徴は
奥行きを調整することができるという事です。

その結果、スマートホンの操作も遠く過ぎて
操作がやりにくいという事も解消されるのです。

動画やナビも見やすいようにスマートホンの向きも
縦と横に自由に変えることが可能になっています。

スマートホンの取り付け取り外しも片手で10秒程度でOK。

・奥行きの伸縮調整が可能

・スマートホンの取り付け取り外しが片手で可能

・ダッシュボードよりも下に調整ができる

・視界の邪魔にならない

・上下の調整が可能

・スマホ設置部分は360度回転する

スマホ車載ホルダー(200-CAR040)

引用:https://item.rakuten.co.jp/sanwadirect/200-car040/

スマホ車載ホルダー(200-CAR040)はダッシュボードよりも下に調整でき
運転中の視界も良好にできるスマホ車載ホルダーです。

スマホ画面も好きなように調整できるのもポイントですね。

 

ただ、スマホホルダーからスマホを外すときは両手で外す必要がありますが
スマホを設置するときは片手で固定が可能になっています。

取り付けの時はスマホホルダーに押し当てるようにすれば
スマホを簡単にホールドするようになっています。

 

また、吸盤は「ゲル」が使用されいて
そのままダッシュボードに取り付ければ固定されます。

ただ、カーブになっている形状のダッシュボードには取り付けはできません。

・スマホ設置部分を360度回転できる

・視界の邪魔にならない

・スマホ設置だけは片手で可能

吸盤スマホホルダー(D378)

引用:https://item.rakuten.co.jp/selectshop-one/d378/

吸盤スマホホルダー(D378)は工場用のロボットのような作りになっていて
デザイン的にも面白いように感じます。

角度調整は3つの部分で調整が可能です。

さらに、ちょうど人間の腕部分をイメージしているようにも思えるデザインですが
細かい動きが可能なので、好みの位置にスマホをセッティングできますよ。

3つの関節部分の調整をすることで奥行きも調整が可能で
スマホ設置部分も360度回転します。

ただ、スマホを設置した部分は両手で取り外しをしないといけません。

・人間の腕のように3つ関節があり調整が可能

・細かい調整ができるので運転中も邪魔にならない

・細かい動きをするわりに激安

・スマホ設置部分は360度回転する

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

まとめ

基本的に、スマホホルダーは固定タイプのものを選ぶと
ものすごく後悔をしてしまいます。

たとえば、何も調整ができない場合は
運転中に視界に入り邪魔に感じてしまいます。

 

しかし、今回紹介したスマホホルダーのように
細かい調整ができれば運転中も邪魔に感じることは無くなると感じます。

スマホホルダーを選ぶなら角度調整は必須ですね。