カー用品

車の鍵を無くした場合?どうするの?

車の鍵を無くした場合は、かなり焦ってしまいますよね。

鍵の中で一番やっかいなのが、車の鍵をなくしてしまうことです。

自宅で無くすならまだ良いですが、スーパーの駐車場で鍵をなくしたことに気がついた場合は、本当に最悪です。

さらに、足止めを食らってしまうので、時間的にロスをしてしまいます。

車の鍵をなくした場合は、どうすれば良いかやなくした場合の最終手段も、紹介をしていきます。

今すぐ鍵を開けたいという方はこちらのカギの110番へ!

車の鍵をなくした場合はどうすれば良い?

「あれ、車の鍵はどこ?!」

これが自宅なら家の中の隅々まで、鍵を探すかもしれません

出先で鍵がないことに気がついたら、本当に最悪ですよね。

色々と不安を感じますが、まずはスペアキーがないかどうかを確認します。

もしスペアキーがあれば、スペアキーで鍵を開けることが出来ます。

標準装備でセキュリティが付いている場合は、ドアを開けてすぐにエンジンを始動させればキャンセルできます。

ですが、出先で鍵をなくした場合は、最初はスペアキーがカバンやポケットに無いかをチェックしましょう。

スペアキーは自宅にあって持ってきていない場合は、家族の人にスペアキーを持ってきてもらうか、友人に迎えに来てもらうかなどが良いでしょう。

この方法が一番費用がかかりませんが、一人暮らしで家族は遠くに住んでいるという場合はどうすればよいのでしょう。

JAFなどのロードサービスを利用して、車の鍵が車内にある無しにかかわらず、とりあえず鍵を開けてもらいましょう。

そして、自宅の駐車場に運んでもらうしか無いでしょう。

「午前8時~午後20時」の時間帯は、「12,880円」です。

「午後20~午前8時」の時間帯は「14,940円」です。

自宅で鍵をなくしたことに気がついた場合は、時間をかけても良いならディーラーで注文できます。

ディーラーの場合は結構時間がかかるので、すぐに使わない時に利用するのが一番です。

ディーラーの場合は鍵開けではなく時間をかけて、旬製のスペアキーを作ってもらうという感じです。

どうしても鍵が見つからない場合の対処法

車の鍵が見つからないと、ものすごく焦りますよね。

こういうときは落ち着いて車の鍵を最後においた場所を、冷静になって思い出すのが一番です。

鍵を最後においた場所はどこかや、鍵を持って何処に行ったのかなど順をたどっていけばよいでしょう。

記憶をたどりながら鍵を探しても見つからない場合は、警察に紛失届を提出しましょう。

電話での届け出も良いです。

落とした可能性のある場所や、鍵の特徴が荒れば詳しく伝えます。

善意のある人が拾ってくれれば、警察に届けてくれているでしょう。

無事届けられた場合は、警察から連絡があります。

見つかるまでは結構掛かる可能性もありますが、拾われて警察に届けられれば無事に戻ってくると思えば安心ですね。

今すぐ鍵を開けたいという方はこちらのカギの110番へ!



車の鍵はディーラーに注文?それとも鍵屋さん?

車のスペアキーを作成してもらうには、ディーラーか鍵屋さんに注文するか迷いませんか?

急いでいるなら鍵屋さんで、スペアキーを作成してもらうほうが良いですね。

ディーラーは確実に作成が可能ですが、その日の内に作成ができません。

鍵屋さんに鍵を作成して貰う場合は、困ったその日に作成ができます。

最近では鍵屋さんに電話をすると、すぐに駆けつけてくれます。

その場を移動する必要もないので、大変ありがたいと言えます。

しかしどんな鍵でも、作成をしてくれるわけではありません。

鍵屋産の場合は、値段も高いです。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

ディーラーでスペアキーを依頼した時の値段

シンプルな鍵の場合はディーラーでスペアキーを注文するなら、「3,000円」くらいが相場のようです。

普通の鍵なら「3,000円」くらいで収まりますが、スマートキーやキーレスエントリー、イモビライザーなどが搭載されると「1万円~5万円」必要になります。

鍵専門店の値段

鍵専門店のほうが安い費用で、スペアキーが作成できることもあります。

しかし、場合によってはディーラーよりも、高い値段になることもあるようです。

鍵専門店の場合は、「12,000円」ほどが相場のようです。

メリットとしてはディーラーよりも、対応が早いケースが多いです。

どうしても速くスペアキーが必要なときは、鍵専門店でスペアキーを作成するのが良いでしょう。

大手カー用品店の値段

大手カー用品店でスペアキーを作成して貰えますが、特殊な鍵は対応していません。

一般的な鍵の場合は、500円で複製が可能なようです。

費用を安く済ませたいという場合は、大手カー用品店でスペアキーを作成すると良いでしょう。

まとめ

車の鍵を無くすことが多いなら、キーホルダーと一緒に取り付けていればよいでしょう。

意外に無くすことが少ないし、目立つようなキーホルダーだと無くしようがないかもしれません。

他にも落とさないように、財布やベルトに引っ掛けるタイプのキーホルダーを、取り付けるという方法もあります。

基本的に車の鍵をなくさないように、決まった位置においておくか、出先では財布の中に入れておくかのどちらかにしたほうが良いですね。

今すぐ鍵を開けたいという方はこちらのカギの110番へ!