車情報

RAV4とフォレスターの徹底比較!どっちがオススメ?

新型rav4は2019年4月に復活して、ボディもかくかくした感じになりました。

フォレスターもクールなデザインがとても、かっこ良いですね。

rav4とフォレスターを徹底的に比較をしていきます。

rav4とフォレスターを比較!


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

rav4のボディデザインを見ると、泥臭いオフロード車っぽいというよりも都会風のSUVです。

ビシッとしたスタイリッシュなデザインは、人によってはかっこ良いと感じるでしょう。

rav4には2000ccのガソリン車と、2500ccのハイブリッド車がラインナップされています。

口コミを見ても、rav4の性能に満足している人は多いように感じます。

とくに、ハイブリッド車の走りは、キビキビと走行するという口コミが多いです。


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

これ以上のパワーは不要だと、思わせる性能をrav4は持ち合わせています。

rav4にたいして、フォレスターはアイドリングストップ機能があります。

車が信号機で停車をすると、自動でエンジンが停止します。

しかし、アイドリング・ストップの欠点は、アクセルを踏んでもサッと発進しないことです。


引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

フォレスターのアイドリングストップ機能は、アクセルを踏むとズレがなくサッと発進できます。

さらに、フォレスターはプッシュ式の、フューエルリッドを備えています。

なので、車内からフューエルリッドを開ける必要がなく、外からさっと燃料を入れることができるのです。

rav4とフォレスターの乗り心地を比較!


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

rav4もフォレスターも乗り心地に関しては、様々な工夫がされています。

フォレスターには、悪路を脱出するための『X-MODE』が備わっています。

rav4にも悪路でぬかるみにタイヤがハマっても、問題なく脱出することができるモードを選択できます。

そんな、rav4とフォレスターの、乗り心地に関する口コミを紹介していきます。

rav4の乗り心地に関する口コミ


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

・路面の凹凸をちゃんと吸収してくれてる

・静粛性でいえばRAV4はロードノイズは少ない

・普通にいいと思います

rav4の口コミでは、路面の凹凸をしっかり吸収するという声があります。

確かに、rav4はちょっとした段差でも、フラットな乗り心地を体感できます。

口コミを見ても衝撃を吸収して、乗り心地を良くするという声が多いです。

また、rav4の静粛性はとても高く、ロードノイズも殆ど聞こえません。

乗り心地に関して、rav4は不満の声が見当たりません。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

フォレスターの乗り心地に関する口コミ


引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

・硬すぎず柔らかすぎず

・とてもよいです

・ゴツゴツが無い

フォレスターの乗り心地に関しての口コミも、不満に感じている人は少ないです

やわらかすぎず硬すぎずという、ちょうどよいくらいの乗り心地です。

フォレスターという車は、最低地上高がSUVとしても必要にして充分な高さを確保しています。

路面を乗り上げるという場合も、衝撃を極限に和らげる工夫がされています。

つまり、フォレスターはゴツゴツ感を全く感じない、ちょうど良い走りを体感することができるのです。

rav4とフォレスターの内外装サイズを比較!


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

rav4のボディサイズは、「全長1890mm全幅1515mm全高1230mm」です。

rav4のボディサイズは、全体的に見てもフォレスターよりコンパクトです。

フォレスターのほうがボディサイズが大きいため、運転がやりにくそうですね。

rav4とフォレスターのボディサイズは、以下の通りとなります。

室内サイズ フォレスター RAV4
全長 2110mm 1890mm
全幅 1545mm 1515mm
全高 1270mm 1230mm

rav4のボディサイズは、実際に見ると大きく見えます。

コンパクトカーから乗り換えるとしても、かなり大きく見えるのではないでしょうか。

フォレスターとrav4の全長の差は「25mm」あります。

rav4にはバックカメラが標準装備で、バックモニターで後方の状況を確認することが出来ます。


引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

フォレスターも「リアビューカメラ」があるので、後方の状況を確認できるのでバック駐車の不安も解消されます。

フォレスターのリアビューカメラは、「34,560円」で取り付けが可能です。

前後の長さに関しては、不安に感じることもあるかもしれません。

しかし、ほとんど毎日運転していれば、なれてくるので問題は少ないでしょう。


引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

次に、全幅ですがフォレスターとrav4の差は、「40mm」程度です。

全幅が大きい場合は狭い道をすれ違う時に、色々と気を使うことが多くなります。

フォレスターの場合はサイドビューカメラがあるので、すれ違いに関しては気にする必要はないでしょう。

rav4の場合はサイドビューカメラの取付がないので、少し不安に感じるかもしれません。

ですが、左側のドアミラーには、補助ミラーがあるのでそれを見ながらしれ違うしかありません。

これもやっぱり、慣れるしか無いです。

rav4とフォレスターの維持費を比較!

rav4とフォレスターの維持費を、比較していきます。

自動車税は排気量によって、値段が変わります。

rav4の2000ccの場合は、「39,500円」の支払いとなります。

ハイブリッド2500ccは、「45,000円」の自動車税を支払います。

フォレスターも2000ccと2500ccの、2つのエンジンがラインナップされています。

もちろん、自動車税は全く同じ税額です。

自賠責保険は37ヶ月なら、「36,780円」となっています。

任意保険も良い自費として含めますが、これは保険会社によっても値段が異なります。

さらに、選ぶプランによっても、値段が変化します。

そして、rav4とフォレスターのガソリン代も、同じ条件で計算をしてみました。

rav4の年間のガソリン代は、「145,000円」となります。

ガソリン車は燃費が悪いので、年間の計算は現在のガソリン単価では、かなり高い金額となります。

フォレスターは同じ条件でガソリン代を計算をすると、「104,285円」とrav4よりも安い値段となりました。

実際の走行によってもガソリン代は変化しますし、年間の距離が少なければ年間のガソリン代も安くなるかもしれません。

新型RAV4 (2000cc) フォレスター(2000cc)
自動車税 39,500円 39,500円
重量税 16,400円 16,400円
自賠責保険(37ヶ月) 36,780円 36,780円
ガソリン代 145,000円 104,285円
合計 232,680円 196,965円

rav4とフォレスターの燃費を比較!

rav4のガソリン車のカタログ燃費は、「15.8km/L」です。

rav4のハイブリッドの方は。「25.2km/L」となっています。

カタログ燃費ではそこそこ燃費が良さそうなので、結構期待できそうな感じです。

フォレースターのカタログ燃費は、2000ccで「18.6km/L」でした。

2500ccのほうは「14.6km/L」と、かなり実燃費が低いですね。

まずは、rav4の実燃費に関して、紹介をしていきます。

rav4の実燃費に関する口コミ


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

・ガソリン車の実燃費は12.0km/L前後

・市街地約4km

・平均8.8km/Lです。最高12.7km/L 最低5.5km/Lでした。

rav4の実燃費に関する口コミを見ると、市街地でも10km/Lを下回ることがあります。

これは、渋滞が多い場合の実燃費ではないでしょうか。

rav4の受領を考えても、燃費が悪すぎますね。

市街地走行でも車が多いなら、燃費も悪くなってしまいます。

逆に車が少なくてスイスイ走れる道なら、燃費は10km/Lを下回ることはないように思えます。

実際に市街地走行で、他の口コミを見ると「12.7km/L」を超えている人もいるので、スイスイ走れるなら燃費は良いのだと言えます。

フォレスターの実燃費に関する口コミ

・フォレスターは12~13km/L

・郊外ワインディング1割で13.5km/lくらいです。

・郊外で13~14km/Lです。

フォレスターはカタログ燃費が悪いので、実燃費も悪いと私は想像していました。

しかし、予想よりもフォレスターの燃費は、かなり良いみたいです。

実燃費10km/Lを超えるフォレスターが、非常に多いように思えます。

ですが、渋滞になるとフォレスターでも、実燃費は10km/Lより落ちるのではないかと予想します。

駆動方式 カタログ燃費 実燃費
RAV4(2000cc) 2WD 15.8km/L 10km/L
4WD 15.2km/L 4km
RAV4(2500cc) 2WD 25.2km/L 13km/L
E-Four 25.0km/L 15km/L
フォレスター(2000cc) 4WD 18.6km/L 8.46km/L~14.83km/L
フォレスター(2500cc) 4WD 14.6km/L 8.44km/L~13.26km/L

rav4とフォレスターを比較まとめ


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

rav4とフォレスターは、それぞれ良い部分と悪い部分がります。

しかし、どちらも口コミを見る限りでは、乗り心地が悪いというわけでもないようです。

少なくともゴツゴツした感じをしたという声は、どちらもほとんどありません。

内装に関しては、フォレスターのほうが豪華かもしれません。

しかし、rav4もレトロな内装で、良い味を出しるように感じます。