スバル

フォレスターVSアウトランダーの比較!どっちがオススメ?

フォレスターはファミリー層に、人気のSUVです。

外観はとてもクールで、おとなしいデザインだと感じます。

対して三菱のアウトランダーは、力強い外観ですが大人しめのデザインとなっています。

フォレスターとアウトランダーの外観や、実燃費などを紹介していきます。

フォレスターVSアウトランダー外観比較


引用:https://www.subaru.jp/

フォレスターとアウトランダーの外観は、それほど安っぽい印象は受けません。

どちらもクールで力強さを感じます。

フォレスターとアウトランダーの外観は、他の人はどう感じているのかを紹介していきます。

フォレスターの外観に関する口コミ


引用:https://www.subaru.jp/

・フロントに厚みがある所が好きです

・良いです。奇抜でないのが良い。気に入ってますよ。

・ドアハンドルのメッキも高級感あります

フォレスターのフロントデザインは、クールで力強さを感じます。

SUVはオシャレなデザインの車種が多いですが、フォレスターはシンプルでオフロードっぽいデザインとなっています。

口コミにもあったのですが、現行型フォレスターはデザインがそれほど変わっていません。

新型が登場すると一番の楽しみというのは、デザインの変化だと言えます。

別に買わない車でもフルモデルチェンジ後の、フロントデザインはかなり気になるものです。


引用:https://www.subaru.jp/

あえて、フォレスターのデザインを変えてこなかったのは、バランスを考慮してのことだそうです。

ドアハンドルに関しては、グレードによっても違いがあります。

メッキハンドルの場合は、ボディカラーによっては高級な印象を与えます。

カラーがホワイトなら、上品な印象を与えるでしょう。

アウトランダーの外観に関する口コミ


引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

・フロントのダイナミックシールドがいかつくていい感じ

・リアの「普通さ」がやや残念である

・スポーテイーさと渋さ、大人っぽさ、アウトドアSUV

・エボ顔が気に入り買いました

アウトランダーもフォレスターと同じく、力強さを感じるデザインとなっています。

フロントには「ダイナミックシールド」のデザインが、採用されています。

パワーパフォーマンスを表現している、センターのブラック部分を左右で包み込むバンパーの造形が、力強さを主張しているように思えます。

フロントデザインを見ると、「お、かっこ良いな」と思えます。

アウトランダーの後方に回ると、一昔前のワゴン車見たいなテールデザインで、私自身もがっかりした部分です。


引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

口コミでも、やっぱり私と同じようにリアの普通さに、残念に感じるひとがいました。

外観はオフロード車っぽい感じはします。

人によっては、スポーティに見えるようです。

フロントデザインが、三菱がかつて販売していた、「ランサーエボリューション」に似ているという声もありました。

確かに似ている部分があるかもしれません。

アウトランダーの外観に関する口コミを、全体的に見ても不満に感じている人は見当たりませんでした。

フォレスターVSアウトランダー内装比較


引用:https://www.subaru.jp/

フォレスターとアウトランダーの内装は、どちらもスポーティな感じがします。

それほど、安っぽくは感じません。

フォレスターとアウトランダーの内装に関しての口コミを、紹介していきます。

フォレスターの内装に関する口コミ


引用:https://www.subaru.jp/

・特にナビのインターフェースがダサすぎます

・華美なところはありません

・特に大きな感動なく至って普通でした。

・エンジンスタートボタンが見えにくい

フォレスターの内装に関する口コミは、不満が多かったように思えます。

内装の質感は高いというひともいましたが、この辺は人の好みだと言えますね。

ナビのインターフェースも人によっては、かっこ良いといいます。

でも人によっては、ダサいと言う人います。

こればかりは実際に見に行って、内装を確認するしかありません。

しかし、フォレスターの内装は地味だと思う人は、かなり多かったです。

アウトランダーの内装に関する口コミ


引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

・ネットでは酷評されていますが、シンプルでよかっです。

・普通です。主張は何もありません

・シンプルながらセンス良くまとまったインテリアだと思う。

・高級感があるとは言えないです。

アウトランダーの内装に関する口コミも、不満の声が若干多い感じがしました。

内装に関しては、フォレスターもアウトランダーも、シンプルなデザインのようです。

フォレスターVSアウトランダー燃費比較

フォレスターのカタログ燃費は、2000ccで「18.6km/L」です。

2500ccでは、「14.6km/L」となっていて、余り変わりはないようですね。

アウトランダーの場合は、2000ccが「16km/L」で、2400ccは「14.6km/L」となっています。

実際に、走行をしてどういうふうに燃費が変化するか、口コミを集めてみました。

フォレスターの実燃費に関する口コミ


引用:https://www.subaru.jp/

・街乗り12km/L(埼玉県郊外走行)高速 15km/L

・燃費は高速6割、市街地3割、郊外ワインディング1割で13.5km/L

・街中で8km/L~9km/L、高速で13km/L~14km/L

フォレスターのカタログ燃費は、「18.6km/L」なので実燃費はそれほど良くないです。

しかし、口コミを見る限りではフォレスターのようなSUVなら、燃費は良いほうだと言えますね。

市街地走行では車が少なく信号機が少ないなら、「10km/L」以上になるようです。

市街地でも渋滞が多ければ、「10km/L」を下回るのかもしれません。

みんカラの口コミを見ると、「街乗り10km/L」という情報もあるので市街地では、平均「10km/L」だと考えるのが良いのかもしれません。

アウトランダーの実燃費に関する口コミ


引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

・街乗りで12-13km/L高速で15-16km/L

・特に渋滞もなかったため町乗りで11.7L/kmとなりました

・流れが良い幹線道路でリッター12~13km程度

アウトランダーもフォレスターと同じで、実燃費は「10km/L」を下回ることもあるようです。

市街地走行でも信号機が少なく車が少ないなら、「10km/L」を超える実燃費を出すことも可能でしょう。

渋滞が多い場合は、どうしても「10km/L」を下回る傾向にあるようです。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

まとめ


引用:https://www.subaru.jp/

フォレスターもアウトランダーも、同じような市街地を走行しても実燃費は、人によって違います。

アウトドアに出かけることが多いなら、少しでも燃費の良い車は欲しいものです。

内装にしても、同じお金を出すなら少しでも高級感を味わいたいでしょう。

フォレスターとアウトランダーは、実際に見て試乗をして比較をしてみると良いですね。