スバル

フォレスターの乗り心地はどう?改善した?

フォレスターの乗り心地が悪いから改善したいと、そのように思っている人はいませんか?

車の乗り心地が悪くなるのは、いろいろな理由がありパターンがあります。

このページではフォレスターの乗り心地が悪くなるポイントや、改善をするためのコツを紹介していきます。

フォレスターの乗り心地が悪く感じるポイントと原因


引用:https://www.subaru.jp/

フォレスターの乗り心地が悪くなる理由を、一つ一つ説明をしていきます。

あなたのフォレスタが、どれに当てはまるかを考えながら読み進めてください。

段差でショックが激しくなる

段差と言ってもコンビニの入り口にあるような、縁石ではなく道路の継ぎ目程度の段差です。

新車の頃はあまり気にならなかった段差が徐々に、不快なものへと進化していくことがあります。

次第に乗り心地が、悪く感じてしまいます。

路面の段差が大きくなるほど、衝撃が大きくなっていきます。

こうなると腰痛の人にとっても、厳しい状況になるでしょう。

カーブでふらつく感じがする


引用:https://www.subaru.jp/

車内でふらつく感じがするというのは、だいたいカーブを曲がっているときではないでしょうか。

車がグラァっと傾くとかなり恐怖を感じますし、不快に感じてしまいます。

明らかにサスペンションに何らかの問題を、抱えている可能性もあります。

ガタガタと振動が激しくなる


引用:https://www.subaru.jp/

フォレスターはある程度の、悪路を走破できるように開発されている車です。

砂利道や凹凸を走行してガタガタと振動が激しくなるのは、どう考えてもオカシイ状況です。

速攻でディーラーに見てもらうか、なにか対策をしたほうが良いかもしれません。

この場合は、タイヤを変えたら収まることもあります。

フォレスターの乗り心地が悪くなる原因と対策


引用:https://www.subaru.jp/

フォレスターの乗り心地が悪くなる原因は、以下のことが考えられます。

・サスペンション周りの劣化

・タイヤの劣化や空気漏れ

・ボディの劣化

意外に知られていないですが、サスペンションは消耗品です。

定められた時期に交換することで、新車と同じ乗り心地を体感することが出来ます。


引用:https://www.sti.jp/parts/

サスペンション周辺が劣化することで、乗り心地が悪くなるケースは少なくありません。

サスペンションの交換時期は、以下のとおりです。

・新車登録から10年が経過している

・5万~8万キロ以上走行している

大抵は、フリーメンテで無交換で使い続けられると信じているので、サスペンションの交換は車好きしかしないでしょう。

サスペンション交換と言えば、ローダウンをイメージする人もいますが、純正品交換で乗り心地を良くするために交換する人もいます。

乗り心地を良くすることで、費用が10万円以上しますが「エアサス」に交換すると良いでしょう。

口コミによりますとエアサスに交換することで、フラットな乗り心地になります。

小さな段差はもちろんですが、大抵の段差はフラットな乗り心地で不快な思いはしないでしょう。

エアサスはバスとか一部の、高級車に取り付けられています。

費用とメンテナンスが必要なので、フリーメンテで乗り続けたい人にはおすすめできません。

フォレスターの乗り心地が悪くなるのは、タイヤの劣化や空気漏れも原因と言われています。


引用:https://www.subaru.jp/

タイヤの劣化の場合は乗り心地を重視するために、タイヤの扁平率にこだわると良いでしょう。

一般的にインチダウンをすると、乗り心地が良くなると言われています。

タイヤが新品の場合は、空気が減っていないかなどもチェックしておきましょう。

意外にもボディの劣化によって、乗り心地が悪くなるというケースもあります。


引用:https://www.subaru.jp/

経年劣化や事故を越したという場合は、ボディが少し変形しているかもしれません。

ボディが少しでも変形していると、乗り心地は悪化してしまいます。

後部座席や前席で細かい衝撃などを感じるという場合は、クッションを座席に敷いてその上に座ると改善されることがあります。

クッションは低反発の商品を、買うことをおすすめします。

私は実際に使っていますが、衝撃はそれほど感じません。

乗り心地を良くするには「チューニング」をするべき?!


引用:https://www.subaru.jp/

フォレスターの乗り心地を良くするには、チューニングをするべきと言えます。

一般的にチューニングというのは、社外品を取り付けて性能を上げることをイメージされるでしょう。

車の性能を上げる場合は「チューンアップ」と言い、チューニングとは少し意味が異なります。

チューニングとは「調律」のことで、ギターなどの調整でも使われる用語です。

私はクルマいじりをたくさんしてきましたが、チューンアップではなくチューニングを長年してきました。

つまり、車に対し不満に感じる部分を社外品で、改善してくという方法です。

社外品に目をやると、結構パーツがあるものですね。

カーブを曲がるときにフニャつきがあるなら、「フレキシブルドロースティフナー」を取り付けしたほうが安定性のあるコーナーリングが可能になります。


引用:https://www.sti.jp/parts/

改造とは悪いイメージが強いですが、改善するために取り付けるなら問題は全くありません。

しかも、他メーカーよりも保安基準にうるさそうなスバルディーラーでも、STI製のフォレスター専用「フレキシブルドロースティフナー」を付ければ何も文句はないでしょう。

そもそも、STIパーツは純正品になるので、ディーラーでも取り付けは可能です。

ちなみに、取り付けた日から、「1年間保証付き」です。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

まとめ


引用:https://www.subaru.jp/

フォレスターの乗り心地が悪いと感じたら、改善策を考えてみましょう。

たとえば、細かい衝撃を感じるなら、クッションをお知りの下に敷いて見るなど方法があります。

ほかにも、タイヤを交換するなどという方法も、かなり有効的な方法だと言えます。

一番手っ取り早いのは、サスペンションをエアサスに交換することですが、費用がかかるためあまりおすすめはできません。

興味があるなら、エアサスについて調べてみると良いでしょう。