カー用品

車のライトを明るくしたい!方法やオススメは?

田舎道では車のヘッドライトは、絶対に明るくしないと危険です。

そして、ヘッドライトが暗いと、車検にも通りません。

車のヘッド依頼とを明るくする方法や、原因を紹介していきます。

ヘッドライトが暗くなる原因

ヘッドライトが暗くなる原因には、いろいろな理由があります。

単に、バッテリーの劣化が元だとか、ヘッドライトバルブが経年劣化で寿命が来ているなどがあります。

紫外線が原因のヘッドライトの黄ばみも、徐々に影響してきます。

一つ一つ原因と思われることを、紹介していきますね。

ヘッドライトの黄ばみ

最近の車のヘッドライトは、黄ばみやすい素材「ポリカーボネート」が使われています。

樹脂による劣化は、紫外線なども影響しています。

とにかくヘッドライトが黄ばんでしまい、ライトが暗く感じてしまう原因になります。

ヘッドライトが黄ばむ原因は、以下の通りとなります。

1. 紫外線による劣化

2. 傷による劣化

3. 熱による劣化

こうした黄ばみを除去するには、大手カー用品店で販売する「ヘッドライトクリーナー」で、ヘッドライトの黄ばみを除去するほうが無難です。

黄ばみを除去したら、コーティングをすると劣化しにくくなります。

黄ばみでヘッドライトが暗くなると、夜間の走行が危険になります。

バルブの経年劣化

ヘッドライトが暗く感じる原因の一つは、バルブの経年劣化も原因と考えられます。

バルブ自体が劣化して、ライトが暗いと感じる場合は交換しましょう。

作業自体はとても簡単ですが、自信がないなら大手カー用品店で交換になります。

バッテリーの劣化

バッテリーの劣化でも、ヘッドライトは暗くなります。

ヘッドライト部分に汚れも何もなく、バルブも最近交換したばかりならバッテリーも疑いましょう。

バッテリーの消費電力が上がると、ヘッドライトも暗くなります。

ヘッドライトが暗く感じるなら、バッテリーのチェックもしてみましょう。

劣化している場合は好感が必要になります。

ヘッドライトの明るさを維持するためにも、不必要な電装品の取り付けは追加しないようにしましょう。

車のライトを明るくする方法

ヘッドライトを明るくするには、いろいろな方法があります。

新品のバルブに交換するという方法もありますが、バルブ交換をする余裕が無いならヘッドライトを磨きましょう。

夜道は状況によって、ライトが暗くなります。

次は、ヘッドライトを明るくする方法を、紹介していきます。

LEDバルブに交換する


引用:https://item.rakuten.co.jp/

最近は標準装備の車種もありますが、標準装備ではない車にも取り付けはできます。

ハロゲンからLEDヘッドライトに交換することで、夜道もしっかりと見えるようになります。

LEDバルブに交換すると、球切れがないのでヘッドライトのバルブを交換する必要がありません。

LEDヘッドライトのデメリットとしては、濃霧や雨の日が見えにくくなるということです。

ハイビームはハロゲンのように、200mほど先まで明るく照らすことはできません。

LEDヘッドライトは暗いという意見もあるようですが、HIDよりは暗いですがハロゲンよりは明るいです。

ヘッドライトを磨く

ヘッドライトを磨くことで、明るさが増します。

そもそも、ヘッドライトの黄ばみによって、ライトの明るさが半減しているなら、黄ばみを除去するという方法は最も最適だと言えます。

ヘッドライト磨きは、シュアラスターの「ゼロリバイブ」がおすすめです。

理由としては、ゼロリバイブを使用すると、徐々にですが黄ばみは取れていくからです。

徐々にと言っても、ゼロリバイブでゴシゴシすると、汚れがべっとりと付きます。

汚れがべっとりとつくということは、かなり効果があると見て良いでしょう。

メンテナンスと聞けば車のエンジンをイメージするかもしれませんが、ヘッドライトのメンテナンスはきれいに磨くということです。

ゼロリバイブは、大手カー用品店で、800円から1000円位で販売されています。

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

まとめ

ヘッドライトが暗くなった場合は、色々な原因があります。

一番最初に試したいのは、ヘッドライトの黄ばみ取りです。

黄ばみ取りにCRCやピカールを使う裏技があるようですが、巷の噂ではヘッドライトに良くないともいわれています。

ヘッドライトが暗い場合は、車検に通らないので明るい状態にしておきたいものです。

ヘッドライトが暗いと車検に通らなくなります。

2015年9月からロービームで、検査をするようになっています。

これまで、かろうじて合格ラインに入っていた、黄ばみが多くて光量が足りていないライトも、これからは不合格になる可能性もあります。

バッテリーが弱くなっているというケースもあるので、思い当たるなら交換をしたほうが良いですね。

他にも、ヘッドライトバルブが経年劣化で、暗くなっている可能性もあります。

そのような場合も交換をする必要があります。

ヘッドライトの明るさが暗いと感じたら、バッテリーやバルブなどが古くなっていないかを確認しましょう。

もし古いなら交換はしたほうが良いですね。