カー用品

チャイルドシートのおすすめ!赤ちゃんが安全に車に乗れるのは?

チャイルドシートは一見すると、どれも同じようにみえます。

ですが、チャイルドシートは、メーカーによって
全く特徴が違っています。

このページでは、オススメのチャイルドシートを
紹介していきます。

この先を読むことで、どういう
チャイルドシートがあるのかが分かるようになっています。

ポップピット:チャイルドシート


引用:https://www.amazon.co.jp/

「ポップピット:チャイルドシート」は
極力「首カックン」を無くすように開発されています。

たとえば、ブレーキをかけた時などやカーブを曲がるときに
普通に操作をしていても小さな子供に対しては
急な操作に近い衝撃を与えてしまいます。

新生児や乳児期はフルフラットになるシートのおかげで
首がカックンとなることはありません。

ですが、座ることができるようになると
運転操作によっては首がカックンとなってしまうのです。

チャイルドシート選びで以下のような悩みはないですか?

・手ごろな値段で長く使えるものが欲しい

・重量が軽いものが良い

・小さな車でも取り付けはできるの?

・万が一の時でも安心できる?

・子供がよりかわいく見えるデザインが良い

「ポップピット:チャイルドシート」は
以上の悩みを解決してくれます。

また、チャイルドシートで最も気になるのが
子供の成長に合わせてチャイルドシートは
新たに、買わないといけないのか気になるところですよね。

ポップピット:チャイルドシートは
子供の成長に合わせて3ステップで調整が可能なのです。

そして、従来のチャイルドシートは
座席に固定させることが重労働だったはずです。

たとえば、背の低いトヨタのパッソや
軽自動車のミライースなどの車種に
チャイルドシートを取付するのは疲れますよね。

なぜなら、チャイルドシートとは見た目よりも
重量があり、重たいからです。

しかも、取り付けるときに中腰になる時間が
長くなればなるほど、腰が痛くなりますしね。

とくに、従来のチャイルドシートは重いし
取り付けが疲れるので、他の車に乗せ換えるのも一苦労だと感じます。

でも、ポップピット:チャイルドシートの重量は
「4.8kg」なので取り付けもかなり楽になりますよ。

・子供の成長に合わせてモードを変えることが可能

・重量が軽いので取り付けも楽

・デザインが豊富

・新安全基準にも適合

ジョイー:チャイルドシート


引用:https://www.katoji.co.jp/products-detail_1559.html

「ジョイー:チャイルドシート」は
以下の2つのモードを行うことができます。

・ベビーモード
・チャイルドモード

以上のモードを使い分けることで
子供の成長に合わせたシートになります。

「ジョイー:チャイルドシート」には
リクライニング機能が付いているので
背もたれ部分を起こしたり寝かしたりできます。

さらに、滑り止めが付いた方ベルトで
子供をしっかりと守ります。

色は、豊富に選ぶことができます。

・子供の成長に合わせてモードを変えることが可能

・リクライニング機能が付いている

・新安全基準にも適合

マムズキャリー:ブライトデニムプラス


引用:https://wowma.jp/item/331264255

「マムズキャリー:チャイルドシート」は
赤ちゃんを乗せたまま持ち運びができます。

重量も「約3.1Kg」なのでとても軽いですよ。

また、日差しが強いと赤ちゃんにとっても良くありませんよね。

なので、「マムズキャリー:チャイルドシート」には
強い日差しから子供を守るサンシェードが付いています。

・強い日差しを避けるためのサンシェードが付いている

チャイルドシート比較

メーカー ポップピット ジョイー マムズキャリー
対象年齢 1才頃~11才頃 1才頃~4才頃 新生児~1歳頃
取り付け 前向き専用 前後取付可 後ろ向き専用
適応体重 9kg~36kg 9kg~18kg以下 約2.5~13kgまで
サイズ W44cm×D46cm×H67cm W43×D50×H62cm W440×D670×H380mm
重量 約4.8kg 約5.7kg 約3.1kg
値段 6,463円 9,980円 23,799円

車の下取りはネットで行った方が良い理由

ディーラーで30万円だった下取りが、
一括査定のサイトを経由することで70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました!

オークション形式で車の価格が決められる為、何がなんでも高く売りたいという方にはかなりオススメです。
また、「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心です。
これから車の買い替えを考えている方は是非試してみてくださいね!

まとめ

チャイルドシートは、回転式・固定式の2種類があります。

その中でも、回転式は重量が重いため
取り付けがとても大変です。

今回は、重量が軽い固定式を3つ紹介しました。

どのチャイルドシートも、個性的ですが
生活スタイルや車の大きさによっても
選ぶチャイルドシートは変わってきます。

コンパクトな車には重量が軽いチャイルドシートを買ったほうが
失敗は少ないといえますね。